ブログネタ
.気になったニュース41 に参加中!
今日(24日)栃木県高根沢町内の中学校で、バレーボール部顧問の40歳代の男性教諭が、部員の女子生徒12人に「グラウンドを100周走れ」と指示して走らせ、部員5人が体調不良を訴えて病院で熱中症と診断されていたことが明らかになったそうです。町教委は、顧問の男性教諭に口頭で「指導は行き過ぎで配慮が足りなかった」と厳重注意したとか。。町教委によれば、教諭は14日、中学校で開かれた他校との練習試合の合間に命じたそうで、1周約200メートルを約40分間約3.2キロ(16周)走った時点で、生徒1人が嘔吐(おうと)や手足のしびれを訴え、その後に1人が体調不良を訴えたとのことです。12人のうち10人が計約80分間走って中止になったみたいですが、計5人の部員が同様の症状を訴えて病院搬送され、血液検査の結果、熱中症と診断されたとのことです。夏の長距離走は、身体の負担がかなり大きいです。猛暑の中、30度に満たない暑さでも水分補給をせずの「グランド100周走れ」は、めちゃくちゃな指示です。ここ最近、熱中症の症状を訴える人が多いですが、指示した男性教諭は、走らせる前に熱中症になることを予想しなかったのでしょうか。顧問として大いに疑問を感じてしまいますね。教諭の不祥事にしろ、快方に向かってよかったですね。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120724-00000548-yom-soci
女子生徒に「グラウンド100周」…5人熱中症
読売新聞 7月24日(火)11時29分配信
 栃木県高根沢町内の中学校で、バレーボール部顧問の40歳代の男性教諭が、部員の女子生徒12人に「グラウンドを100周走れ」と指示して走らせ、5人が体調不良を訴えて病院で熱中症と診断されていたことが24日、わかった。
 町教委は男性教諭に口頭で「指導は行き過ぎで配慮が足りなかった」と厳重注意した。
 町教委によると、教諭は14日午前10時30分頃、同校で開かれた他校との練習試合の合間に命じた。1周約200メートルを約40分間約3・2キロ(16周)走った時点で、生徒1人が嘔吐(おうと)や手足のしびれを訴え、その後、1人が体調不良を訴えた。12人のうち10人が計約80分間走って中止。計5人が同様の症状を訴えて病院に運ばれ、血液検査の結果、熱中症と診断された。宇都宮地方気象台によると、同日10時30分現在の気温は27・4度だった。5人は快方に向かい、21、22日に開かれた地区大会に出場した。


♪ランキングに参加中です。応援していただけると励みになります♪
banner_21 ブログランキング・にほんブログ村へ 【トレミー】人気ブログランキング blogram投票ボタン
mixiチェック