ブログネタ
日々の出来事 2 に参加中!
今日(25日)、北海道警が同居する内縁の妻の子供の女子中学生を繰り返し殴り、死亡したとして、登別市の石川哲也容疑者(41)を傷害容疑で逮捕したそうです。女子中学生は約18時間後に病院で亡くなったとか。道警が司法解剖して死亡と暴行の因果関係を調べているとのことです。また中学生の体には他にも殴られたような痕があり、日常的な虐待がなかったか調べるとか。容疑は23日に自宅で中学3年の松尾みさとさん(14)の胸を十数回殴り、胸部打撲などのけがをさせたとしている。暴行後、松尾さんはいったん就寝したが、翌24日にトイレにこもり、出てこなかったことから石川容疑者が午後3時半ごろ119番したとのことす・・・。最近は、虐待や暴力により、人が亡くなるなどといった事件が多いですねぇ。。。関連ニュースでは「しつけのために殴った」とありますが、亡くなった女子中学生は知的障害持ちで、食事の片付けができずに、十数回も殴りつけるのは立派な暴力・虐待です。。相変わらず、この虐待などのニュース、どこまで残酷なのでしょうか。子供の躾で叱ることがありますが、十数回も殴るのはやりすぎというかおかしすぎです。言うことを聞かずに殴って子どもを死なす、ある意味殺人のようにも思わなくはありません。もうこんな、残酷で悲しいニュースは聞きたくないです。こういった事件は胸が痛みますね。亡くなった女子中学生のご冥福を心よりお祈り致します。。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121025-00000025-mai-soci
<傷害>知的障害の少女殴り死なせる、容疑の41歳男逮捕
毎日新聞 10月25日(木)11時27分配信
拡大写真
 同居する内縁の妻の子供の女子中学生を繰り返し殴ったとして、北海道警室蘭署は25日、登別市中央町1、無職、石川哲也容疑者(41)を傷害容疑で逮捕した。中学生は約18時間後に病院で死亡。同署は司法解剖して死亡と暴行の因果関係を調べる。また中学生の体には他にも殴られたような痕があり、日常的な虐待がなかったか調べる。
 容疑は23日午後11時ごろ、自宅で中学3年の松尾みさとさん(14)の胸を十数回殴り、胸部打撲などのけがをさせたとしている。暴行後、松尾さんはいったん就寝したが、翌24日にトイレにこもり、出てこなかったことから石川容疑者が午後3時半ごろ119番。同5時過ぎ、死亡が確認された。
 捜査関係者によると、石川容疑者は「食事の後片付けで言うことをきかなかったので殴った。死ぬとは思わなかった」と供述している。松尾さんは知的障害があったという。
 石川容疑者は松尾さんの実母(42)、以前交際していた女性(33)の計3人で06年ごろから同居。松尾さんは道内の福祉施設に入所していたが、今年8月から4人で暮らし始めた。暴行時は実母ら女性2人も室内にいたという。
 道室蘭児童相談所は「関係者から家庭環境などについて相談があったが、(逮捕容疑のような)暴行、虐待の相談や通告はなかった」としている。


♪ランキングに参加中です。応援していただけると励みになります♪
banner_21 ブログランキング・にほんブログ村へ 【トレミー】人気ブログランキング blogram投票ボタン
mixiチェック