ブログネタ
.気になったニュース38 に参加中!
東日本大震災で、宮城県石巻市の私立日和幼稚園の送迎バスが津波に巻き込まれ、園児5人が死亡した事故で、5人のうち4人の遺族が幼稚園の園長を相手に、計約2億7000万円の損害賠償を求める訴訟を起こしています。これは、本当に難しい問題だとは思いますが、訴えるのはいかがなものかと思いました。遺族のお子さんが亡くなって辛くて、気持ちのやり場もないと思います・・・。

でも、だからといって、訴えて、何年もかけて勝ったとしても、一体何が残るのでしょうか。終わった後に虚しくならないでしょうか。最近TVで震災のことが流れるので、このようなニュースをみると心を痛めます。遺族の子供がなくなったら訴えたい気持ちもわかりますが、幼稚園側も考えた果てに行動して起きた事故なので誰の責任でもない。幼稚園側も子供たちだけでも助けたいと思って家に帰そうとしたですから、責められないと思いますね・・・。。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111011-00000034-jij-soci
幼稚園側、争う姿勢=「津波到達の予見不可能」―遺族「失われるはずのない命」
時事通信 10月11日(火)11時4分配信
 東日本大震災で、宮城県石巻市の私立日和幼稚園の送迎バスが津波に巻き込まれ、園児5人が死亡した事故で、5人のうち4人の遺族が同園を運営する学校法人「長谷川学院」と当時の園長を相手に、計約2億7000万円の損害賠償などを求めた訴訟の第1回口頭弁論が11日、仙台地裁(斉木教朗裁判長)であった。
 訴状によると、同園は3月11日の地震発生直後、大津波警報が発令されていたのに、情報収集や適切な判断を怠り、園児を乗せたバスを海側に向け出発させた。大地震の際は高台にある同園にとどまるとのマニュアルの周知徹底や訓練もしていなかったとされる。
 園側は答弁書で「大津波が発生し、市街地にまで到達することを具体的に予見することは不可能だった」として、争う姿勢を示した。
 原告側は意見陳述で「自力避難できない園児を預かる幼稚園の責任は重大。本来、津波で失われるはずのない命だった」と指摘。傍聴席からはすすり泣きの声が漏れた。 


♪ランキングに参加中です。応援していただけると励みになります♪
banner_21 ブログランキング・にほんブログ村へ 【トレミー】人気ブログランキング blogram投票ボタン
mixiチェック