ブログネタ
.気になったニュース36 に参加中!
現在、日本全国各地が「自粛モード」で閑古鳥状態。関東地方や全国各地の観光業者が悲鳴をあげているようです。もうすぐGWなので、出かけたい気持ちもあるんですが、今の日本の空気を読むと、被災してない私達だけ旅行に行くのはどうか。とも思います。東北関東大震災が地震と津波だけだったら、今頃は復興モードだったと思いますが、原発事故が何もかも台無しにしてしまったといったところでしょうか。。。

放射能を恐れて、海外の観光客も日本に来ないのですから、観光業者にとっては、大ダメージです。原発事故が収束するまでに、何ヶ月も掛かる予想ですから、その間は、海外の観光客も来ないでしょうから、我慢するしかないですね。 一言だけいうならば、誰かに言われて自粛するとか、しないとかではなくて、自分で考えて、判断する機会と思って、周りの不確かな情報に惑わされず、頑張って自分で考えて自分で決めて欲しい。と思います。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110408-00000025-maip-soci
東日本大震災 自粛は2次災害 日光などの観光業者悲鳴
毎日新聞 4月8日(金)14時9分配信
拡大写真
 世界遺産「日光の社寺」や温泉など、国内屈指の観光地として知られる栃木県日光市。東日本大震災では大きな被害はなかったものの、直後からホテル・旅館のキャンセルが相次ぎ、街は“自粛ムード”に沈んでいる。隣接する福島県で起きた原発事故も追い打ちとなり、関係者の間からは「2次災害だ」との悲鳴が上がっている。【浅見茂晴】
【がんばれニッポン】世界のみんながエールをくれる 写真特集
 「全く人が動かない。こんなピンチは初めて。昭和天皇の大喪の礼(89年)の時にもなかった」。日光観光協会の新井俊一会長(62)は危機感をあらわにした。
 日光東照宮によると、震災翌日の3月12日から同31日までの東照宮の入場者数は、前年同期比で実に95%減の計約5000人。過去に例がない落ち込みとなっており、13日から始まる予定だった日光二荒山(ふたらさん)神社の「弥生祭」に加え、徳川家康ゆかりの「百物揃(ひゃくものぞろえ)千人行列」(5月)の中止も決まった。
 新井会長が経営する旅館「鶴亀大吉」(客室数28)も、震災前は稼働率が90%から満室に近かったが、今は10%程度。キャンセルの理由の大半が、福島第1原発事故の影響を懸念したものだという。

Read more?


♪ランキングに参加中です。応援していただけると励みになります♪
banner_21 ブログランキング・にほんブログ村へ 【トレミー】人気ブログランキング blogram投票ボタン
mixiチェック