ブログネタ
.気になったニュース41 に参加中!
昨年の10月、大津市での中学2年の男子生徒がマンションから飛び降り自殺した問題で、生徒が同級生から暴行を受けていた事実があるとして、父親(46)が昨年末にかけ3回にわたり警察に被害届を提出しようとしたが、大津署から受理を拒否されていたそうです。男子生徒の父親は、複数の同級生から独自に聞き取った暴行の証言と学校の調査結果を基に、生徒が自殺した後の昨年10月に2回、12月に1回、大津署に出向き、暴行容疑の被害届を提出したいと申し出たそうですが、対応した署員は「犯罪としての事実認定ができない」として受理を断ったとか。父親は大津署の対応について「真相究明のために、死んだ息子に代わって被害届を出したかった。どうして受理してくれないのか」と憤っているとのことです。関連ニュースで、学校側の教諭も見て見ぬふりをしてたとありますが、学校側も加害者を擁護するようなことをして、被害者には何もしてあげないのでしょうか。。いじめをした生徒も、いつになったら「いじめ」の愚かさを、わかってくれるのか? 被害者の父親が暴行容疑の被害届を提出したいと申し出ても被害届の受理を拒否・・・、なんのための警察なんでしょうか。結果は自殺かもしれませんが、そこまで追い詰めたことについては個人的にそのように感じます。暴力、知らん顔、訴え受理拒否となると、やられたほうは行き場がなくなります。。県警には、本腰を入れて捜査してほしいものです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120705-00000001-kyt-l25
被害届、大津署が受理拒否 大津中2自殺
京都新聞 7月5日(木)9時9分配信
 大津市で昨年10月、中学2年の男子生徒=当時(13)=がマンションから飛び降り自殺した問題で、生徒が同級生から暴行を受けていた事実があるとして、父親(46)が昨年末にかけ3回にわたり警察に被害届を提出しようとしたが、大津署から受理を拒否されていたことが4日、関係者への取材で分かった。
 男子生徒への暴行については、自殺後の昨年10月中旬に学校が全校生徒に実施したアンケートで、44人が記名の上、「体育大会で集団リンチに遭っていた」「万引をさせられ、殴る蹴るの暴行を受けていた」などと具体的な証言を行っている。
 男子生徒の父親は、複数の同級生から独自に聞き取った暴行の証言と学校の調査結果を基に、生徒が自殺した後の昨年10月に2回、同12月に1回、大津署に出向き、暴行容疑の被害届を提出したいと申し出たという。しかし、関係者によると、対応した署員は「犯罪としての事実認定ができない」として受理を断ったという。
 父親は大津署の対応について「真相究明のために、死んだ息子に代わって被害届を出したかった。どうして受理してくれないのか」と憤る。同署は「一切、答えられない」としている。


♪ランキングに参加中です。応援していただけると励みになります♪
banner_21 ブログランキング・にほんブログ村へ 【トレミー】人気ブログランキング blogram投票ボタン
mixiチェック