ブログネタ
.気になったニュース41 に参加中!
静岡県島田市が東日本大震災で生じた膨大な震災がれきの受け入れましたが、、岩手県山田町のがれきに処理対象外のコンクリート塊が混入していたそうです。この問題で、岩手県の工藤孝男環境生活部長らは31日、静岡県庁を訪れ川勝平太知事に、道路の縁石の破片を積み出し時に除去できなかったことが原因と説明し、「深くおわび申し上げる」と陳謝したとか。また、工藤環境生活部長は併せて、今後はふるいにかけるなどの再発防止策を提示したそうですが、川勝知事は「これ以上のチェックはできないだろう」と岩手県の説明に理解を示し、受け入れを継続する意向を表明したとのことです。これから、がれきの積み出しを再開する際は、静岡県から岩手県に職員を常駐させてチェックを行うそうです。今回の問題は、起きてもおかしくないんじゃないかと思います。膨大ながれきの中から縁石などのコンクリートの塊を探しだし取り出すのは、とても大変と思います。でも、受け入れた自治体に最終処分するために、岩手県のがれきを調べたり分別したりなどと自治体職員には頑張ってほしく思いますね。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20120531-00000133-jij-pol
コンクリ塊、縁石が混入=岩手県、がれき受け入れの静岡県に陳謝
時事通信 5月31日(木)19時37分配信
 静岡県島田市が受け入れた東日本大震災で生じた岩手県山田町のがれきに処理対象外のコンクリート塊が混入していた問題で、岩手県の工藤孝男環境生活部長らは31日、静岡県庁を訪れ、川勝平太知事に、道路の縁石の破片を積み出し時に除去できなかったことが原因と説明し、「深くおわび申し上げる」と陳謝した。
 工藤環境生活部長は併せて、今後はふるいにかけるなどの再発防止策を提示。川勝知事は「これ以上のチェックはできないだろう」と岩手県の説明に理解を示し、受け入れを継続する意向を表明した。がれきの積み出しを再開する際は、静岡県から岩手県に職員を常駐させてチェックする。 


♪ランキングに参加中です。応援していただけると励みになります♪
banner_21 ブログランキング・にほんブログ村へ 【トレミー】人気ブログランキング blogram投票ボタン
mixiチェック