ブログネタ
.気になったニュース38 に参加中!
今日(7日)、、石川県小松市の航空自衛隊小松基の北北東約4キロの上空で、同基地所属F15戦闘機の左主翼に設置されていた燃料タンク1本と空対空模擬ミサイルの一部が落下したそうです。燃料タンクの大きさは、直径0.8メートル、長さ6.6メートル、重さ155.6キロだそうです。破損したタンクなどは能美市山口町や同市根上町で見つかったそうですが、燃料タンクは空だったそうですが落下直前に同基地の管制官が機体から火が出たのを確認したとのこと。しかし、これは怖いですね。もし燃料が入ってたら、ナパーム弾ですね。疑似ミサイルも火薬が入った本物であれば、恐ろしいです。恐らく落下した原因は、パイロットのミスなんでしょうが、被害の確認と同時に原因を追究してほしいですね。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111007-00000019-mai-soci
<F15戦闘機>燃料タンク落下 石川・小松基地近く
毎日新聞 10月7日(金)11時11分配信
拡大写真
 7日午前8時45分ごろ、航空自衛隊小松基地(石川県小松市)の北北東約4キロの上空で、同基地所属のF15戦闘機の左主翼に設置されていた燃料タンク(直径0.8メートル、長さ6.6メートル、重さ155.6キロ)1本と空対空模擬ミサイルの一部が落下した。破損したタンクなどは能美市山口町や同市根上町で見つかった。タンクは空だったが落下直前に同基地の管制官が機体から火が出たのを確認しており、空自が被害状況と原因を調べている。
【写真で見る】航空自衛隊の主な装備 F15戦闘機
 空自によると、落下したタンクは、胴体と両主翼の下部に取り付けられていた3本の1本。取り付け部分を残し、大きく三つに分解した。火薬が詰められていない模擬ミサイルはその横に設置されており、後部の羽根部分が落ちた。タンクが落下する際にぶつかって破損した可能性がある。
 同機は日本海で戦闘訓練を行うため、午前8時6分、他の3機とともに小松基地を離陸。訓練を終え基地に着陸する直前だった。基地の管制官は「機体から火が出て何かが落ちていくのを目で確認した」と話しているという。飛行前の点検では異常はなかった。事故を受け、空自はF15の訓練を中止する。【鈴木泰広】
 ◇防衛相が謝罪
 一川保夫防衛相は7日午前の記者会見で、空自戦闘機のタンク落下について「非常に地域の方々に心配や迷惑をかけて申し訳ない」と謝罪し、原因究明と再発防止の徹底を指示したことを明らかにした。


♪ランキングに参加中です。応援していただけると励みになります♪
banner_21 ブログランキング・にほんブログ村へ 【トレミー】人気ブログランキング blogram投票ボタン
mixiチェック