ブログネタ
.気になったニュース34 に参加中!
こんばんは。秋の行楽シーズンを迎え、キノコ狩りなどの楽しい季節になりましたが、全国で相次いで毒キノコによる食中毒事件が発生しています。猛暑の影響でマツタケが大豊作になり、半額で売られている事については、皆様もご存じと思います。・・・が、今夏の猛暑の影響で夏のキノコも秋に一気に生えた事に伴い、毒キノコを含むキノコ全般が大発生したくさんのキノコが採れたことがひとつの原因だそうです。

食することができるキノコ類が大豊作になったことは、大変嬉しい事なんですが、毒キノコまで大豊作になると、キノコ狩りに行った方が間違って毒キノコを採って食べるというケースもありえますよね(^^;)今年キノコ狩りに行くときは、注意しなければいけませんね。。。(^^;)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101104-00000019-yom-soci
猛暑で毒キノコ大発生、200人以上が中毒
読売新聞 11月4日(木)9時1分配信
 毒キノコによる食中毒が、全国で相次いでいる。
 食中毒患者は10月20日までに全国で209人(72件)に達し、過去5年で最多だった2007年の199人(60件)を突破。新潟県では10年ぶりに「発生警報」を発令する事態となっている。
 厚生労働省によると、毒キノコの販売や食中毒が確認されたのは26都県に上る。クサウラベニタケとツキヨタケ、ニガクリタケが食中毒の主な原因。福島県では、クサウラベニタケを食べた2人が、吐き気や下痢などを訴えて一時入院した。
 最も患者が多いのは41人(16件)の福島県。県きのこ振興センター(郡山市)の青野茂専務理事によると、夏の猛暑で土中の温度がキノコの菌に最適な25度前後となり、9月中旬以降の気温低下と雨がキノコの生育を一気に促したという。


♪ランキングに参加中です。応援していただけると励みになります♪
banner_21 ブログランキング・にほんブログ村へ 【トレミー】人気ブログランキング blogram投票ボタン
mixiチェック