ブログネタ
.気になったニュース42 に参加中!
昨年12月頃、大阪市立桜宮高校でバスケットボール部主将だった男子生徒(当時17歳)が顧問の男性教諭から体罰を受けた翌日に自殺しましたね。昨日(4日)、顧問だった小村基(はじめ)元教諭(47)=懲戒免職=が、NHK報道番組に出演し「私が彼自身を死に追いやった」などと謝罪の言葉を口にしたそうです。小村元教諭は自殺した生徒への体罰について、「亡くなった彼のレベルアップがチーム全体のレベルアップにつながると考えたそうで、『なぜ意識をしないのか』『なぜ相手を見ないのか』と一言一言、彼に尋ねながらたたいた」と話しました。生徒が小村元教諭に渡せなかった手紙に「キャプテンしばけば何とかなると思っているのですか」などと苦悩をつづっていたことについては、「本当に何も気付かない、家族の悲しみが分かっていない(自分の)愚かさに気がついた」と目に涙を浮かべて語ったとのことです。昨夜、たまたまTVをつけたときに、この報道番組が放送されていたので、私もみていました。もっと早くTVに出演し、謝罪することができなかったのでしょうか。こんなに遅く出演したのは何らかの事情があるんでしょうが、すごく反省しているような話し方でした。自分のしたことで、生徒が自殺してしまった、「どんなに悔いても過去は変わらない」という事をアピールするような話ぶりでした。裁判ではどうなるのかわかりませんが、裁判の結果でこの問題は幕引きでしょうか。自殺で亡くなった男子生徒のご冥福を心よりお祈り致します。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130304-00000081-mai-soci
<桜宮高体罰>元顧問「私が死に追いやった」 TVで謝罪
毎日新聞 3月4日(月)23時17分配信
 大阪市立桜宮高校でバスケットボール部主将だった男子生徒(当時17歳)が顧問の男性教諭から体罰を受けた翌日に自殺した問題で、顧問だった小村基(はじめ)元教諭(47)=懲戒免職=が4日、NHKの報道番組に出演し「私が彼自身を死に追いやった」などと謝罪の言葉を口にした。
 小村元教諭は自殺した生徒への体罰について、「亡くなった彼のレベルアップがチーム全体のレベルアップにつながると考えた。『なぜ意識をしないのか』『なぜ相手を見ないのか』と一言一言、彼に尋ねながらたたいた」と話した。
 生徒が小村元教諭に渡せなかった手紙に「キャプテンしばけば何とかなると思っているのですか」などと苦悩をつづっていたことについては、「本当に何も気付かない、家族の悲しみが分かっていない(自分の)愚かさに気がついた」と目に涙を浮かべて語った。


♪ランキングに参加中です。応援していただけると励みになります♪
banner_21 ブログランキング・にほんブログ村へ 【トレミー】人気ブログランキング blogram投票ボタン
Clip to Evernote mixiチェック