ブログネタ
.気になったニュース37 に参加中!
先ほど、ニュースを読んでいたら、福岡の北九州市の住宅街でイノシシの出没が相次いでいるそうです。けが人の報告はないそうですが、昨年の長雨や猛暑などにより、イノシシの食べ物が不足しているとみられ、イノシシを目撃する人が急増してるそうです。人が餌を与えていることも原因なんだそうです。

野生のイノシシと、聞くだけで少し怖いイメージがあるので、あまり近づきたくない動物ですが餌を与える人もいたんですね。これまで餌を与えてきたことによって、イノシシが『人は安全』と学習して市街に出没するのが多くなったのはイタイなぁ。恐らくこれからも再びイノシシなどが出没した、というニュースが増えてくるでしょうから、気をつけなくてはいけませんね。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110531-00000631-yom-soci
「人は安全」学んだイノシシ、住宅街ノシノシ
読売新聞 5月31日(火)14時33分配信
拡大写真
 北九州市の住宅街でイノシシの出没が相次いでいる。
 2010年度に市に寄せられた相談は904件と09年度(209件)の4倍を超え、市に記録が残る03年度以降、最多。住宅への被害も出ており、市は注意を呼びかけている。
 市によると、昨年春の長雨や猛暑などにより、山ではイノシシの食べ物が不足しているとみられ、門司、小倉北区などの住宅街で目撃情報が急増。「道路を突進してきて突き飛ばされそうになった」「怖くて外出できない」といった相談が相次いだ。けが人の報告はないが、昨年11月には門司区黒川で、住宅の門が壊される被害も出た。
 相談は例年、夏以降に増えるが、今年度は4月だけで24件と、昨年同月(5件)を大幅に上回っている。
 市農林課の川崎実課長は、人が餌を与えていることも原因に挙げる。「本来は警戒心が強い動物なので、人に近づかない。餌をもらうなどして『人間は安全』と学んだのでは」とみる。


♪ランキングに参加中です。応援していただけると励みになります♪
banner_21 ブログランキング・にほんブログ村へ 【トレミー】人気ブログランキング blogram投票ボタン
mixiチェック