ブログネタ
ロンドン五輪代表 に参加中!
昨日のロンドン五輪、予選優勝候補スペインから、大金星をもぎ取り男子サッカー日本代表が勝利しましたね。永井選手の足を生かして裏を狙い、相手のDFを揺さぶり、大津選手が先制点を挙げましたね。あの活躍には、とても痺れました!!今朝のニュースの報道でも話題となり流れていましたが、予選初戦で優勝候補に、勝ったとなるとやっぱり嬉しいものです。サッカー日本代表のこれからの活躍に期待したいですね!!
サッカー男子日本代表
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120727-00000002-mai-socc
<五輪サッカー男子>大金星の日本に称賛の拍手
毎日新聞 7月27日(金)0時43分配信
拡大写真
 勝負はげたを履くまで分からない。戦う前ならなおさらだ。だが、優勝候補から大金星をもぎとり、2万7000人を超える観衆から称賛の拍手を浴びたのは若き日本代表だった。
【スペイン-日本】歴史的ゲームの詳報 写真も多数
 耐えて、耐えて、ワンチャンスを生かす。その狙いを忠実に実行した。一発で仕事を果たしたのが大津だ。前半34分、扇原のCKがゴール中央に飛んできたところを逃さず足で詰めて押し込んだ。直前の強化試合メキシコ戦でも得点し「持っている」と自ら話していた男は、五輪アジア予選でも2戦連続で決めて「ゴールこそが自分の持ち味。泥臭くても1点は1点」。嗅覚とゴールへの執念が、堅い相手ゴールをこじ開けた。
 序盤こそスペインのパス回しに苦しんだが、きっちりブロックを作って最後のラインを崩させない。チャンスがあれば1トップに入った永井の足を生かして裏を狙い、相手のDFを揺さぶった。
 北京五輪を経験した吉田は「初戦が全て」と断言していた。ただでさえ緊張する試合で相手は個々の能力、実績ではるかに上回るスペイン。その上で「でも相手も日本を警戒しているはず。向こうもこっちも楽な試合じゃない」とも。相手も想定していなかった展開が焦りを生んだか、前半終了前に永井の突破を止めようとした相手DFが一発レッドで退場。あとは数的優位を生かした日本のゲームだ。
 「負けるとは決まっていない」「勝つつもりで行く」。口々に決意を示していた選手たち。大一番で、きっちり大仕事をやってのけた。


♪ランキングに参加中です。応援していただけると励みになります♪
banner_21 ブログランキング・にほんブログ村へ 【トレミー】人気ブログランキング blogram投票ボタン
mixiチェック