ブログネタ
.気になったニュース36 に参加中!
あまりTVで報道されていませんが、ニュースに目を通していたら、ジャンボの愛称で親しまれたJALのボーイング747-400が3月1日には全機引退し、なくなってしまうのはご存知でしょうか。私の世代ではジャンボは日本の飛行機会社の代表格的な存在です。41年も飛んだJALのボーイング747が引退って、やはり寂しいですね。

便名も、19日に羽田から新千歳空港に飛んだJAL機が3152(最後に)、そして今日那覇空港から羽田空港に飛んだ便が1024(飛ぶよ)となる語呂合わせ。来るものがあれば去るものもあるのは世の習いですが、長のお努めご苦労様でした。このような特設サイトまであると、引退するのが、寂しく感じます(苦笑)ありがとうジャンボ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110220-00000001-maiall-bus_all
<JAL>「最後に飛ぶよ」…国内線仕様のジャンボジェットがラストフライト
毎日新聞 2月20日(日)12時4分配信
拡大写真
 日本航空(JAL)の国内線仕様のジャンボジェット、ボーイング747-400DのラストフライトとなるJAL1024便が20日、ラストフライトツアーの乗客450人を乗せて那覇空港(沖縄県那覇市)から羽田空港(東京都大田区)に到着した。便名は19日に同機が羽田空港から北海道の新千歳空港に向かったJAL3152便とつなげると「最後に飛ぶよ」となる語呂合わせ。3月1日には国際線仕様の747-400も引退し、1970年以来、旅客機100機、貨物機12機が導入されたJALのジャンボジェットは姿を消すことになる。
【写真で見る】JAL国内線仕様ジャンボジェット ラストフライトツアーの様子
 ボーイング747-400Dは、ジャンボジェットの国内線仕様の最新型で91年から就航し、8機が導入された。短距離を多くの乗客を乗せて輸送することを前提に作られた日本専用の機体で、座席数は546。長距離飛行で燃費向上に効果のある主翼翼端のウイングレットがないほか、頻繁に離着陸することを考慮して脚部などを強化した設計となっている。国際線仕様の747-400同様、以前のクラシックジャンボよりも1人少ない2人のクルーで運航することが可能なほか、新型エンジンを採用することで燃費を改善している。JALでは01年度から05年度にかけて747-400シリーズを40機以上運航していた。
 ラストフライトを終えた本木宏機長は「ジャンボに静かに羽を休めてもらうように着陸した。あと2時間ぐらいしたら、ぐっと来るものがあるのではないか。ジャンボは皆さんに愛されていたんだなと思う」と感慨深そうに話していた。


♪ランキングに参加中です。応援していただけると励みになります♪
banner_21 ブログランキング・にほんブログ村へ 【トレミー】人気ブログランキング blogram投票ボタン
mixiチェック