ブログネタ
.気になったニュース42 に参加中!
昨日(14日)、札幌市東区北19東6で、マンションの壁と積雪の隙間(すきま)にできた溝に東区の小学5年生の女児(11)が落ちているのをマンション住民の男性が発見し110番し、駆けつけた北海道警らと救助したそうです。11歳女児は前日の放課後から行方が分からず、親の110番を受けた同署などが捜していたとか。約30時間ぶりに救助され、両手足に凍傷を負っているそうですが、命に別条はないとのことです。道警によると、幅20~30センチの溝に人の頭が見えるのに住民が気づいたそうで。少女は立った状態でヤッケなどの防寒着を着ていたとか。14日の札幌は、積雪が午後8時現在111センチ、朝の最低気温は氷点下4.8度だったそうです。日本雪氷学会北海道支部の山野井克己理事(51)は「肌までは雪や水でぬれなかったり直接風に当たらなかったりしたので、体温を奪われずに済み、助かったのではないか」と話しているとのことです。北海道は、氷点下までに気温が下がり、すごく寒くなりますね。111センチもの積雪で、雪の隙間に挟まって30時間よく平気でしたね。手足に凍傷を負ったそうですが、無事に救助されよかったです。マンションの住民もよく女児が挟まっていることに気付きましたね。積雪もあり、なおかつ気温は氷点下にもなったそうですから、奇跡的に助かり、本当によかったです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130315-00000007-mai-soci
<札幌>11歳女児、30時間ぶり救出 雪と壁に挟まれ
毎日新聞 3月15日(金)1時44分配信
 14日午後8時半ごろ、札幌市東区北19東6で、マンションの壁と積雪の隙間(すきま)にできた溝に同区の小学5年生の女児(11)が落ちているのをマンション住民の男性が発見し110番、駆けつけた北海道警札幌東署員らと救助した。女児は前日の放課後から行方が分からず、親の110番を受けた同署などが捜していた。約30時間ぶりに救助され、両手足に凍傷を負っているが、命に別条はないという。
 同署によると、幅20~30センチの溝に人の頭が見えるのに住民が気づいた。少女は立った状態で、ヤッケなどの防寒着を着ていたという。14日の札幌は、積雪が午後8時現在111センチ、朝の最低気温は氷点下4.8度だった。
 日本雪氷学会北海道支部の山野井克己理事(51)は「肌までは雪や水でぬれなかったり直接風に当たらなかったりしたので、体温を奪われずに済み、助かったのではないか」と話している。
♪ランキングに参加中です。応援していただけると励みになります♪
banner_21 ブログランキング・にほんブログ村へ 【トレミー】人気ブログランキング blogram投票ボタン
Clip to Evernote mixiチェック