ブログネタ
写真日記 に参加中!
当ブログにご訪問の皆様、こんばんは!!遅くなりまして~♪。今日は、昨日に続き暖かったですね。今日も穏やかな青空が広がり、朝からすごく暖かったですねぇ。。今日の日中は、気温が上がり、春らしいポカポカ陽気でしたね。春風が吹き、少しずつ暖かくなってきましたね。気温は、昨日より少し低かったですが、さほど寒くもなくw(笑)。風は、少し冷たかったですが、ポカポカ陽気の日は、気持ちがいいですね。
P1080573
日中はさほど寒くありませんでしたが、夜間になると冷え込んで肌寒く感じてしまいます。明日も晴れて、暖かな陽気になるみたいですね。最近は、寒暖差が激しく暖かったり寒かったりと、この繰り返しが続いているので、体調を崩しかねません。立春を越し暦は冬から春になったので、早く安定した暖かい日が続いて欲しいと思わなくもありません。自然には敵いませんが、この春らしい陽気がず~っと続けばいいなぁ。と思う今日この頃です。
7468c638
相変わらず、水道から出る水の冷たさは、まだまだ氷のように冷たくて、心身的に矢のように突き刺さるような冷たさなので、毎朝の洗顔の際に困ってしまいます(爆)。今日は、ヒマでしたので、スタバ木更津店に行きました。それに、スターバックスの豆が少なくなってきたので、それも兼ねてですが(爆)。ふらふらとと磁石で吸い寄せられるように店内に入りましたが、店内も混雑してて座るところがあまりなかったですw(笑)。
P1000635
今日は、シンプルにホットコーヒーをオーダー。合わせてさくらシフォンケーキでも欲しいなと思っていましたが、売り切れてなかったですw(爆)。ま、ホットコーヒーのみの方が安いので別段問題ありませんがw(笑)。なんか、いま週3での出勤なので、今日が休みって違和感あるなぁと思わなくもありません。とりあえず三週間だけとのことですが、今月中旬を過ぎた頃は、普段通り週5の出勤になるのかと、不安感もあります。こんなことをスタバ木更津店でまったりと飲みながら考えていました。
P1000649
さて、ところ変わって、ジブリカテゴリです!!1997年に劇場公開され、興行収入193億円を記録したスタジオジブリの宮崎駿監督の代表的な作品『もののけ姫』が、英国の劇団英劇団「Whole Hog Theatre」(ホール・ホグ・シアター)によって舞台化されるそうです!!。劇団の創設者の1人でアートディレクターでもあるアレクサンドラ・ルターさんがジブリ作品に感銘を受け、昨年春に「もののけ姫」の舞台化を宮崎監督に直々にオファーしたところ、テスト映像を見た宮崎監督がOKを出し、英国での舞台化が決まったとのことです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130305-00200008-mantan-ent
<もののけ姫>英国で4月に舞台化 GWに来日公演も
まんたんウェブ 3月5日(火)14時35分配信
拡大写真
 97年に公開され、興行収入193億円を記録した宮崎駿監督の代表的な劇場版アニメ「もののけ姫」が、英国の劇団「Whole Hog Theatre(ホール・ホグ・シアター)」によって舞台化されることが5日、発表された。
【写真特集】「Princess MONONOKE~もののけ姫~」の会見の模様
 劇団の創設者の1人でアートディレクターでもあるアレクサンドラ・ルターさんがジブリ作品に感銘を受け、昨年春に「もののけ姫」の舞台化を宮崎監督に直々にオファーしたところ、テスト映像を見た宮崎監督がOKを出し、英国での舞台化が決まった。宮崎監督が自作の舞台化を許諾するのは初めて。久石譲さんの音楽もアレンジを加えて使用され、神様が登場する場面などは数人で操るパペットで表現するという。
 「ニコファーレ」(東京都港区)で同日開かれた会見には、ルターさんや「もののけ姫」を手がけた「スタジオジブリ」の鈴木敏夫プロデューサーらが出席。舞台化のきっかけをルターさんは「初めて見たときに“なんて美しい映画なんだ”と思い、2度目に見たとき、タタリ神になるシーンをパペットでやったら面白いと思った」と話した。
 ルターさんが「作品の故郷である日本で上演するのは光栄と同時に責任も感じる。努力を重ねて全うしたい。劇団には日本のスタッフもいて、日本の文化や解釈などを教えてくれている。オリジナルに敬意を表し、この舞台が普遍的なメッセージを伝えることを目指している」と話すと、鈴木プロデューサーは「許諾したということは相手を信頼したということ。全部アレックス(ルターさん)に任せました。誤解を怖れずにいうと“変な『もののけ姫』を見てみたい”。英国の人が『もののけ姫』を見てどう思うか、そっくりそのまま見てみたい。こぢんまりとまとまったものでなく、破綻をきたしてもいいから面白い舞台を見てみたい」とリクエストしていた。
 4月2~6日に英国のニュージオラマシアターで行われる公演のチケットは3日で完売。6月に再演が決定している。“誕生の地”日本でも4月29日~5月6日に東京・渋谷での上演が決まった。
宮崎監督が自作の舞台化を許諾するのは初めてだそうで、久石譲さんの音楽にもアレンジを加えて使用され、神様が登場する場面などは数人で操るパペットで表現するとのことです。東京港区にある「ニコファーレ」で同日開かれた記者会見には、ルターさんや『もののけ姫』を手がけた「スタジオジブリ」の鈴木敏夫プロデューサーらが出席したそうです。舞台化のきっかけをルターさんは「初めて見たときに“なんて美しい映画なんだ”と思い、2度目に見たとき、タタリ神になるシーンをパペットでやったら面白いと思った」と話したとか。
もののけ姫
ルターさんが「作品の故郷である日本で上演するのは光栄と同時に責任も感じる。努力を重ねて全うしたい。劇団には日本のスタッフもいて、日本の文化や解釈などを教えてくれている。オリジナルに敬意を表し、この舞台が普遍的なメッセージを伝えることを目指している」と話すと、鈴木プロデューサーは「許諾したということは相手を信頼したということ。全部アレックス(ルターさん)に任せました。誤解を怖れずにいうと“変な『もののけ姫』を見てみたい”。英国の人が『もののけ姫』を見てどう思うか、そっくりそのまま見てみたい。こぢんまりとまとまったものでなく、破綻をきたしてもいいから面白い舞台を見てみたい」とリクエストしていたそうです。
もののけ姫3
4月2~6日に英国のニュージオラマシアターで行われる公演のチケットは3日で完売したそうで、6月に再演が決定しているとか。映画『もののけ姫』の“誕生の地”日本でも4月29日~5月6日に東京・渋谷での上演が決まったとのことです。もののけ姫の舞台化の話は、小耳に挟んでいましたが、本当に演劇でやるんですね。木霊をパペットで再現するそうですが、祟り神とかシシ神などの再現が気になりますw(笑)。
もののけ姫2
結構『もののけ姫』の映画って、残酷というか敵を殺めるシーンが登場してちょっと重い感じがしますが、演劇では、そういったシーンはどう再現するのでしょうか。舞台化という事で、ジブリならではの世界観をどう表現するかにも興味がありますので、『もののけ姫』のDVDとは別物として観てみたいです。ジブリの映画を演劇で再現ってかなり難しいと思いますが、この舞台が成功して英国のロンドンで大ヒットとなったら、ジブリの凄さを見せつける公演になるのではないのではないでしょうか。GWに、日本の東京渋谷で公演をやるそうなので、機会があれば、ぜひとも演劇で別物の『もののけ姫』を目の当たりにしたいと私は思うのでありました(笑)。
♪ランキングに参加中です。応援していただけると励みになります♪
banner_21 ブログランキング・にほんブログ村へ 【トレミー】人気ブログランキング blogram投票ボタン
Clip to Evernote mixiチェック