ブログネタ
政治・選挙4 に参加中!
今日(16日)、の午後衆院は本会議で解散されたそうです。政府はこの後、臨時閣議を開き「12月4日公示、同16日投開票」の衆院選日程を決定するとか。衆院選は3年4ヶ月ぶりとなり、初めて与党として国民の審判を受ける民主党が政権を維持するのか、自民、公明両党が政権奪還を果たすかが最大の焦点となるそうです。既成政党と距離を置く「第三極」の動向もポイントで、躍進すれば政局が流動化し政界再編につながる可能性もあるとのことです。野田佳彦首相は16日夜に首相官邸で記者会見するそうで、解散決断の理由や衆院選の争点などについて見解を示すそうです。解散を受け、与野党は事実上の選挙戦に入る。民主党が自公両党の協力を得て決めた消費増税、年金・医療など社会保障政策、「脱原発」を含めたエネルギー政策、地方分権などが争点になる見通しとのことです。3年4ヶ月ぶりの解散となりました。しばらく、選挙カーや演説でうるさくなるんでしょうね。今回の衆院選挙はどうなるのでしょうか。今回は、増税、年金などキッチリとやるべきことをやる日本政府となってほしく思いますね。不安もありますが、今の政府が解散となってよかったです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121116-00000117-jij-pol
衆院解散、総選挙へ=3年ぶり政権選択―来月4日公示、16日投開票
時事通信 11月16日(金)15時51分配信
 衆院は16日午後の本会議で解散された。政府はこの後、臨時閣議を開き「12月4日公示、同16日投開票」の衆院選日程を決定する。衆院選は3年4カ月ぶりとなり、初めて与党として国民の審判を受ける民主党が政権を維持するのか、自民、公明両党が政権奪還を果たすかが最大の焦点。既成政党と距離を置く「第三極」の動向もポイントで、躍進すれば政局が流動化し政界再編につながる可能性もある。
 政府は16日午前の閣議で解散詔書を決定。天皇陛下の署名を得て、午後3時45分からの衆院本会議で横路孝弘議長が詔書を朗読、憲法7条(天皇の国事行為)による衆院解散を宣言した。
 野田佳彦首相は16日夜、首相官邸で記者会見し、解散決断の理由や衆院選の争点などについて見解を示す。
 解散を受け、与野党は事実上の選挙戦に入る。民主党が自公両党の協力を得て決めた消費増税、年金・医療など社会保障政策、「脱原発」を含めたエネルギー政策、地方分権などが争点になる見通し。 
♪ランキングに参加中です。応援していただけると励みになります♪
banner_21 ブログランキング・にほんブログ村へ 【トレミー】人気ブログランキング blogram投票ボタン
mixiチェック