ブログネタ
海外の呆れたニュース に参加中!
先日(26日)、中国外交部の秦剛(チン・ガン)報道官は野田首相の国連での発言に強い不快感を示し、尖閣諸島は戦後中国に返還されるべきものだったと述べたそうです。26日の国連総会での演説後、野田首相はメディアに対し、「歴史上も国際法上もわが国固有の領土であることは間違いなく、領土問題は存在しない。この立場に背く妥協はありえない」と述べたそうですが、この発言について、秦報道官は「中国は日本の指導者による釣魚島(尖閣諸島)問題での誤った態度に強烈な不満と断固たる反対を表明する」と述べたとか。秦報道官は「日本は1895年の甲午戦争(日清戦争)に乗じて台湾および釣魚島と付属島嶼を不法にかすめ取り、清国政府に不平等条約を押し付けた」と強調した上で、「中国は第二次大戦後、カイロ宣言とポツダム宣言に基づき、台湾を含む中国の領土を日本から回収しており、釣魚島と付属島嶼は国際法上は中国に返還されている」と指摘したとのことです。また、「中国政府は米、日による中国領土の取引に断固として反対し、これを認めない」とした上で、「敗戦国が戦勝国の領土を不法に占領しようとしている。こんな道理が通るはずがない」と語気を強め、「日本は国連憲章の趣旨と原則を踏みにじり、帝国主義による侵略の歴史について、本質的な反省と精算をせず、反ファシスト戦争の成果を否定しようと企んでいる」と批判し、「戦後国際秩序に挑戦するものである」として、各国に警戒を呼びかけているとのことです。このニュースを読んだ当初、怒りを飛び越し呆れかえってしまいました。なぜ、今更第二次世界大戦で日本は敗戦国、中国は勝戦国といえるのでしょうかね?覚えてる限りでは、、第二次世界大戦の終結でたしかに敗戦してしまいました。成立前の中華民国は戦勝国で、(もし)中華人民共和国がその正当な後継ならば、戦勝国といっても過言ではありませんが、いまの台湾が中華民国なので、奪い取って成立した国だったと思います。正当な後継であれば、”勝戦国”といってもいいかもしれませんが、中国外交部の報道官も、もう少し言葉を選んだほうがいいかと思いますね。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120928-00000004-rcdc-cn
<尖閣問題>「敗戦国が戦勝国の領土を不法占拠する道理はない!」=野田首相の発言に強い反発―中国外交部
Record China 9月28日(金)7時18分配信
拡大写真
2012年9月27日、中国外交部の秦剛(チン・ガン)報道官は野田首相の国連での発言に強い不快感を示し、尖閣諸島は戦後中国に返還されるべきものだったと述べた。
【その他の写真】
26日、国連総会での演説後、野田首相はメディアに対し、「歴史上も国際法上もわが国固有の領土であることは間違いなく、領土問題は存在しない。この立場に背く妥協はありえない」と述べた。
これについて、秦報道官は「中国は日本の指導者による釣魚島(尖閣諸島)問題での誤った態度に強烈な不満と断固たる反対を表明する」と述べた。
秦報道官は「日本は1895年の甲午戦争(日清戦争)に乗じて台湾および釣魚島と付属島嶼を不法にかすめ取り、清国政府に不平等条約を押し付けた」と強調した上で、「中国は第二次大戦後、カイロ宣言とポツダム宣言に基づき、台湾を含む中国の領土を日本から回収しており、釣魚島と付属島嶼は国際法上は中国に返還されている」と指摘した。
また、「中国政府は米、日による中国領土の取引に断固として反対し、これを認めない」とした上で、「敗戦国が戦勝国の領土を不法に占領しようとしている。こんな道理が通るはずがない」と語気を強めた。
また、「日本は国連憲章の趣旨と原則を踏みにじり、帝国主義による侵略の歴史について、本質的な反省と精算をせず、反ファシスト戦争の成果を否定しようと企んでいる」と批判、「戦後国際秩序に挑戦するものである」として、各国に警戒を呼びかけている。 
♪ランキングに参加中です。応援していただけると励みになります♪
banner_21 ブログランキング・にほんブログ村へ 【トレミー】人気ブログランキング blogram投票ボタン
mixiチェック