ブログネタ
写真日記 に参加中!
当ブログにご訪問の皆様、こんにちは!!残暑お見舞い申し上げます。週末の土曜日、皆様いかがお過ごしでしょうか。今日は、秋の気配を感じた昨日と一転、湿度が高く蒸し暑い一日でしたね。時折、小雨が降ったりしていましたが、先月の8月の中旬~下旬辺りの暑さと比較すれば、猛暑も徐々に落ち着いてきていますね。今日はそんなに気温は上がりませんでしたが、もう蒸し暑さたっぷりでした(笑)。
P1080846
最近は、厳しい残暑の毎日ですが、日没前の夕方頃から、秋の気配が感じ取れるようになりましたね。『秋の夜長』といいますが、まだ日中は残暑が厳しいためそれをいうには、まだ早そうです(爆)。日没時間も随分と落ちるのが早くなって、もうすっかり秋の空というイメージです。皆様、夏バテなどしておりませんか?夏から秋の変わり目とあれど、体調管理はキッチリしたいところですね(笑)。
ヤングなでしこ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120908-01106620-gekisaka-socc
今日は、今日は、ヤングなでしこJAPANのW杯最終日、3位決定戦でしたね。3位決定戦の相手はナイジェリアでしたが、2-1でナイジェリアを下し、勝利しましたね。前半24分にMF田中選手が左足で豪快なミドルシュートを決めて先制し、後半5分に西川選手が追加点を挙げてましたね。1点を返されましたが、見事勝利し3位で銅メダルを獲得することができ、観ていて気持ちのいい試合でした。
ヤングなでしこ2
さて、ところ変わって、TA、ayuファンの皆様は既にご存知と思われますが、今日(8日)に浜崎あゆみファンクラブTeam Ayuからのメールで、ayuちゃん(浜崎あゆみ)が氣志團万博2012『房総ロックンロール・オリンピック』に急遽出演決定し、TeamAyu限定のチケット抽選予約も決定!!とメールが届きました!!会場は、千葉県袖ケ浦市の海浜公園。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120907-00000305-sph-ent
あゆ、17日の氣志團万博に参上!a-nation以外では初フェス!!
スポーツ報知 9月8日(土)8時1分配信
 ロックバンド「氣志團」が16、17日に地元・千葉の袖ケ浦海浜公園で開催する野外フェス「氣志團万博2012 房総ロックンロール・オリンピック」に、歌手の浜崎あゆみ(33)が緊急参戦することになった。浜崎が所属レコード会社「エイベックス」主催の「a―nation」以外のフェスに出演するのは初めて。8年越しの友情が実り、夢の競演が実現する。
 氣志團による“夢の競演”に浜崎が参戦することになった。
 浜崎が出演するのは17日の2日目ステージ。これまではスケジュールの都合などからa―nation以外のロックフェスに出演してこなかったが「翔くんたちにとって特別なイベントなので私にできることがあれば協力したいと思っていたところ、お声をかけていただいたので、喜んでお受けしました」。出番はゲスト出演者のトリを飾り、ラストの氣志團につなぐ。
 05年のa―nationで初めて浜崎と対面した時から綾小路は「いつか我々のステージにお招きしたい」と夢見ていたという。浜崎も綾小路が演じる謎の覆面歌手「DJ OZMA」の「アゲ♂アゲ♂EVERY☆騎士」を気に入っていたことから共通の知人を介して交流してきた。「彼女がこの街で歌う。一体誰が想像できたでしょうか。綾小路翔、男泣き。想像するだけで震えて来ます。ついに念願がかなう日が来るのです!」。8年越しの悲願の実現に綾小路は歓喜の涙を見せたという。
 03、06年に続き、3回目を迎える今回の「氣志團万博」は初めてフェス形式で開催。綾小路の熱烈なラブコールにより、小泉今日子、岡村靖幸、ユニコーン、T.M.Revolution、ももいろクローバーZら個性豊かな14組が集まった。1、2回目は1日で各4万人を動員したが、今回は公演日程も2日間に拡大し、合計5万人動員とスケールアップ。綾小路はDJ OZMAのコメントとして「豪華過ぎて1000%採算取れないだろーなー」とうれしい悲鳴を上げている。
 ◆出演アーティスト(出演順)
 【16日】DJ OZMA、グループ魂、仙台貨物、小泉今日子、湘南乃風、ももいろクローバーZ、岡村靖幸、氣志團
 【17日】DJ OZMA、ゴールデンボンバー、ユニコーン、the GazettE、氣志團、T.M.Revolution、VAMPS、浜崎あゆみ、氣志團(クロージング)

Yahooニュースの話題にもなっているようで、ayuちゃんが出演するのは再来週の17日の2日目のステージ。ayuちゃんは、これまでスケジュールの都合などからavex主催のa-nation以外のロックフェスに出演しませんでしたが、「翔くんたちにとって特別なイベントなので私にできることがあれば協力したいと思っていたところ、お声をかけていただいたので、喜んでお受けしました」とコメントしたそうです。

また、05年のa-nationで初めてayuちゃんと対面した時から綾小路は「いつか我々のステージにお招きしたい」と夢見ていたそうです。ayuちゃんも綾小路が演じる謎の覆面歌手「DJ OZMA」の『アゲ♂アゲ♂EVERY☆騎士』を気に入っていたことから共通の知人を介して交流してきたとか。「彼女がこの街で歌う。一体誰が想像できたでしょうか。綾小路翔、男泣き。想像するだけで震えて来ます。ついに念願がかなう日が来るのです!」。8年越しの悲願の実現に綾小路は歓喜の涙を見せたとのことです。

ayuちゃんの出番はゲスト出演者のトリを飾り、ラストの大トリ氣志團につなぐとのことです。もうライブは、ayumi hamasaki ARENA TOUR 2012 A ~HOTEL Love songs~ツアー、再来週の19,20日の大阪公演、10月10,11日の代々木公演以外ないと思ってましたが、意表を突かれましたw(笑)。

TAからのメールで、応募してもいいのですが、ただチケットの値段が高くて・・・(苦笑)。近場でやるということに驚かされ、出演者が豪華だから行きたい気持ちがありますが、チケットの値段が高くて決心できません(苦笑)。チケット代がもう少し安ければ、応募も考えてたと思いますw(笑)。音洩れするのであれば、会場に足を運んで観ようかと思いますがw(笑)。

でも、音洩を聞きに来た地元のTA、ayuファンの人で周辺が混み合いそうな気がしなくもありませんw(笑)。でも、ayuちゃんが千葉県内に来るって、2009年に富津岬で46thの『Sunrise / Sunset ~LOVE is ALL~』のPVを作るとき以来ですねw(笑)。当時、PVの際に応募しても外れ、その時は仕事でいけなかったです(爆)。

それ以来千葉県内には来てないので、千葉県民であり、TA、ayuファンの私からすれば、とても嬉しい限りです。でも、2日後の~HOTEL Love songs~ツアー、大阪公演は大丈夫なんでしょうか。急なので、このチケットのことは検討しますが、ayuちゃんが出演する氣志團万博2日目に参戦するTA、ayuファンの皆様、当日を楽しまれて下さいね!!。

こんな地球に生まれついたよ

            だから君に出会えたよ♪♪♪

WeAマークAyud09d8ca5


ヤングなでしこJAPANの記事全文です。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120908-01106620-gekisaka-socc
ナイジェリアに2-1で勝利したヤングなでしこ、自国開催のW杯で堂々の3位
ゲキサカ 9月8日(土)17時21分配信
拡大写真
[9.8 U-20女子W杯3位決定戦 日本2-1ナイジェリア 国立]
 U-20女子W杯は8日に大会最終日を迎え、U-20日本女子代表(ヤングなでしこ)はU-20ナイジェリア女子代表と3位決定戦を戦った。慎重な立ち上がりを見せた日本代表だが、前半24分にMF田中陽子が左足で豪快なミドルシュートを決めて先制する。さらに日本は後半からピッチに立ったFW西川明花が、後半5分に追加点を挙げてリードを広げた。その後のナイジェリアの猛反撃を1点に抑えたヤングなでしこが、自国開催のW杯で堂々の3位に輝いている。
 日本は4日に行われた準決勝のドイツ戦(0-3)から3選手を入れ替えた。DF木下栞、MF柴田華絵、FW西川明花に代わり、DF中村ゆしか、MF横山久美、FW道上彩花がスタメンに名を連ねている。対するナイジェリア代表は、4日のアメリカ戦から一人を変更した。DFウゴ・ヌジョクに代わり、DFブレッシング・エドホが先発に入っている。
 ヤングなでしこは、準決勝の教訓をしっかり生かした。準決勝のドイツ戦では、開始早々に失点を許し、なかなかリズムをつかめなかった。しかし、この試合では落ち着いた入りを見せる。前半6分にFWデザイア・オパラノジーのFKがゴール前に流れて、右ポストを叩くシーンはあった。だが、その場面以外はナイジェリアにPA内までボールを運ばせずに、決定的な場面をつくらせない。
 時間の経過とともに、日本がチャンスをつくり出す。前半19分にはDF中村ゆしかが右サイドからゴール前にボールを入れて、ボランチの猶本光が走り込むなど、攻撃に人数を掛けるようになった。迎えた前半24分、ゴール正面でボールを受けた田中陽が思い切り良く左足を振り抜くと、ボールはGKホワイトの手を弾いてゴールに決まった。
 その後も日本は、フィジカルの強いナイジェリアの選手たちにしっかりと体を当て、数的優位をつくりながら対応し、チャンスをつくらせない。前半35分には負傷を抱えるMF横山久美に代わり、MF柴田華絵をピッチに送り出した。前半終了間際には、最終ラインのビルドアップからショートカウンターを受ける場面もあったが、ゴール前で体を張った守りを見せて、ナイジェリアに枠内シュートを1本も許さずに前半を折り返した。
ハーフタイム、両チームは選手を交代する。日本はFW道上彩花を下げて、西川を投入する。ナイジェリアもMFヌクとFWオーデガを代えて、オージとアドゥレというFWの選手を2人起用してきた。この交代が奏功したのは、日本だった。後半の立ち上がりこそナイジェリアに押し込まれたが、後半5分、前半途中から起用されてトップ下に入っていた柴田がドリブル突破を見せる。最終ラインのDFを引き出してからラストパスを出すと、これを受けた西川がGKとの1対1を確実に決めて、日本が2-0とリードを広げた。
 点差を広げた日本だが、前線でのプレスが弱まり、高い位置までナイジェリアにボールを運ばれるようになる。それでも高木ひかりと土光真代の両CBが、体を張った守りを見せ、ゴールマウスにボールを飛ばさせない。後半19分には左SBの浜田遥のクロスをGKがキャッチミス。そのボールに反応した西川と藤田だったがボールに触ることはできず。流れたボールは右ポストを叩いたが、追加点にはならなかった。同22分に日本は藤田に代えて、DF登録の木下栞をボランチに起用する。
 ここまで粘り強く戦っていたヤングなでしこだったが、後半29分に1点を返される。オパラノジーにFKを直接決められて、1点差に詰め寄られた。このゴールで勢いづくナイジェリアは、オパラノジーを中心に猛攻を見せる。ナイジェリアのエースは、33分、40分に右からのクロスをヘディングで、43分には左からのクロスを高木がクリアーしたボールを胸トラップして左足でゴールを狙ったが、いずれも枠を捉えることはできなかった。
2分間のロスタイムも、日本はしっかりとボールをつなぐ。このまま2-1でタイムアップのホイッスルを聞いたヤングなでしこが、自国開催のW杯で、見事3位に輝いた。

♪ランキングに参加中です。応援していただけると励みになります♪
banner_21 ブログランキング・にほんブログ村へ 【トレミー】人気ブログランキング blogram投票ボタン
mixiチェック