先日(20日)、富山市の県警運転免許センターで普通自動車の仮免許技能試験中に、試験用の乗用車を暴走させたなどしたとして、富山市在住で中国国籍の無職・張彪(ちょう・ぴょう)容疑者(43)を公務執行妨害の疑いで現行犯逮捕したそうです。県警運転免許センターでは「実技試験に落ちて不満を言った受験者は過去にもいるが、逮捕にまで至るのはこれまで聞いたことがない」と、あきれていたとのことです。国内のニュースなので、日本人かと思えば中国人だったんですね。運転の仕方がヘンだから止められたのに逆上して怒るのは、普通に考えてもありえませんね。てか、キレるなら免許を取らないほうが良かったのではないでしょうか。逆ギレした中国人は何を考えているのでしょうか。集団カンニングしたり、なんか呆れかえってしまいます。こういう人たちが公道で運転とかしないよう厳しくして欲しいですね。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120821-00000270-sph-soci
仮免試験で逆ギレ大暴走…コース走行中、ミス連発で
スポーツ報知 8月22日(水)8時3分配信
 富山県警富山北署は21日までに、富山市の同県警運転免許センターで普通自動車の仮免許技能試験中に、試験用の乗用車を暴走させたなどしたとして、富山市在住で中国国籍の無職・張彪(ちょう・ぴょう)容疑者(43)を公務執行妨害の疑いで現行犯逮捕した。
 張容疑者は20日午前11時25分頃、運転免許センター内にある試験コースを走行中、左折する際に必要以上に大回りをするなどミスを連発。助手席にいた試験官の男性警部補(54)がたまらず運転をやめるよう指示すると、逆上して急発進、急ブレーキなど危険な運転を行った。
 試験用乗用車は警部補が補助ブレーキをかけて停止。すると、怒った同容疑者は、試験の際に提出する運転免許受験申請書を破った。後部座席には男性受験者が1人同乗していたが、けがはなかった。同署の調べに対し、張容疑者は「紙は破ったが、危険な運転はしていない」と容疑を一部否認している。過去にも同じ試験を複数回受けたが、いずれも不合格だったという。
 取り調べには通訳をつけているが、張容疑者は、日常会話程度の日本語なら問題なく、学科試験には合格していた。同センターでは「実技試験に落ちて不満を言った受験者は過去にもいるが、逮捕にまで至るのはこれまで聞いたことがない」と、あきれていた。
 自動車運転免許証取得をめぐっては今年6月、日本語の読み書きが不自由な中国国籍の男女4人が都内などで学科試験の集団カンニングを行ったとして道交法違反(運転免許不正取得)で逮捕されている。
♪ランキングに参加中です。応援していただけると励みになります♪
banner_21 ブログランキング・にほんブログ村へ 【トレミー】人気ブログランキング blogram投票ボタン
mixiチェック