ブログネタ
.気になったニュース41 に参加中!
昨年10月、大津市の市立中学2年の男子生徒が自殺した問題がありましたね。今日(3日)、滋賀県警が別の場所に教室など男子生徒が通っていた学校の一部を再現した大型模型をつくり、いじめの実態解明を進める方針であることが明らかになったそうです。すでに生徒への聴取を始めているそうですが、証言を模型を使って確かめることで、いじめの実態を正確に把握するのがねらいとのこと。目撃をした一部の生徒に、どのようないじめを目撃したのかを模型を使って証言してもらうため、捜査員が中学校で実際に間取りを計測し、実寸の教室や廊下、男子トイレなど中学校の一部を再現したとか。。全校生徒アンケートで記名回答した卒業生を含む生徒ら約150人を中心に聴取を進めているそうです。当初1日あたりの聴取人数は10人に満たなかったが、今週に入って十数人程度に増え、今月中に生徒らへの聴取を終え、9月以降に立件の可否を判断するとしているとのことです。この大津いじめの自殺事件がメディアに取り上げられてもう少しで1ヶ月になりますが、未だに収束しませんね。いじめの実態を解明するため、県警が実寸大の大きさの模型を作り、目撃した一部の生徒にどのようないじめを目撃したのか模型を使って証言って凄いですね。過去多々いじめ事件がたくさん起こりましたが、ここまで問題が大きくなることはありませんでした。模型を使っての目撃証言で県警が事件の実態把握ができ詳しくわかると思いますが、どんどん問題が広がっていますね。、加害者の少年、保護者はどう思っているんでしょうね。以前加害者の親が「うちの子どもが自殺したら・・云々」などとか言ったそうですが、今はどう思っているんでしょうか。この事件うやむやにして欲しくないです。県警には、真実が明白になるまで動いて欲しく、早く全容解明して収束して欲しいです。おかしな世の中となったので、これを機に少年法改正をしてほしいですね。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120803-00000567-san-soci
教室、トイレも再現 実寸模型でいじめ実態解明へ 大津いじめ
産経新聞 8月3日(金)13時47分配信
 大津市で昨年10月、市立中学2年の男子生徒=当時(13)=が自殺した問題で、滋賀県警が、別の場所に教室など男子生徒が通っていた学校の一部を再現した大型模型をつくり、いじめの実態解明を進める方針であることが3日、関係者への取材でわかった。すでに生徒への聴取を始めているが、証言を模型を使って確かめることで、いじめの実態を正確に把握するのがねらいという。
 模型は教室や廊下、男子トイレなど中学校の一部を再現。捜査員が中学校で実際に間取りを計測し、実寸の模型を製作。一部の生徒に、どのようないじめを目撃したのかを模型を使って証言してもらう。
 自殺直後に中学校が実施した全校生徒アンケートでは、学校内での暴力が記されていた。県警は先月11日、男子生徒の同級生3人が昨年9月の体育大会で、男子生徒の両手をはちまきで縛り、口に粘着テープを貼ったとして、暴行容疑で、中学校と大津市教育委員会を家宅捜索した。男子生徒の父親(47)は暴行とともに、窃盗や恐喝など6つの罪で県警に刑事告訴している。
 県警は先月26日から生徒への聴取を開始。全校生徒アンケートで記名回答した卒業生を含む生徒ら約150人を中心に聴取を進めている。当初1日あたりの聴取人数は10人に満たなかったが、今週に入って十数人程度に増えた。今月中に生徒らへの聴取を終え、9月以降に立件の可否を判断するとしている。
♪ランキングに参加中です。応援していただけると励みになります♪
banner_21 ブログランキング・にほんブログ村へ 【トレミー】人気ブログランキング blogram投票ボタン
mixiチェック