ブログネタ
.気になったニュース41 に参加中!
滋賀県大津市立中学2年の男子生徒が自殺した問題で、いじめたとされるクラスメートら3人の親族が「地域の有力者」と報じられたそうです。ネット上で様々な憶測が出ているみたいですが、真相はまだ明かされていませんね。いじめたとされる男子生徒3人の一部親族について、週刊新潮はいじめを巡って学校が行った全校生徒へのアンケートには、男子生徒を日常的に殴っていたり、死んだハチを食べさせたりするなどの3人の行為が書かれ、さらに、「自殺の練習」「葬式ごっこ」などの記述もあり、度を超した内容が物議を醸しているそうです。。。これに対し、大津市教委はいじめの調査報告書を作成せず、文科省にまで情報が十分に伝わっていなかったとか。また、「自殺の練習」などの記述について、当時は気づかず事実確認していなかったとし調べた結果それが事実であるという判断にはならなかったと説明したとのことです。日に日に、どんどん出てくるいじめというか尋常でないほどの暴力の実態 ・・・。。いつになったらこのいじめの問題は落ち着くんでしょうね?ここまでの大問題となった以上、いくら、地域の有力者の子供でも逃げられないですね。ようやく県警が捜査に動きだしたみたいですが、動き出すのが遅すぎです。今回のことで、浜松でのいじめなど多々報道されてます。殺人事件に相対する今回の事件のことを「いじめ」という都合のいい言葉で隠さないでほしいですね。今現在加害者の少年達はこのニュースを見てどう思っているんでしょうか。反省していると嬉しいのですが、してなさそうですね。この事件うやむやにして欲しくないです。県警には、真実が明白になるまで動いて欲しく、すべてを公にして公表して欲しいものです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120711-00000007-jct-soci
加害生徒の親族情報まで出回る いじめ事件対応と何か関係しているのか
J-CASTニュース 7月11日(水)20時42分配信
 滋賀県大津市立中学2年の男子生徒が自殺した問題で、いじめたとされるクラスメートら3人の親族が「地域の有力者」と報じられた。ネット上で様々な憶測が出ているが、真相はどうなっているのか。
 「母がPTA会長」「父が京大医学部卒」
 いじめたとされる男子生徒3人の一部親族について、週刊新潮は2012年7月11日発売号でこう報じた。
■週刊誌・テレビ報道で憶測広まる
 いじめを巡っては、学校が行った全校生徒へのアンケートには、男子生徒を日常的に殴っていたり、死んだハチを食べさせたりするなどの3人の行為が書かれていた。さらに、「自殺の練習」「葬式ごっこ」などの記述もあり、度を超した内容が物議を醸している。
 これに対し、大津市教委は、いじめの調査報告書を作成せず、文科省にまで情報が十分に伝わっていなかった。また、「自殺の練習」などの記述について、当時は気づかず事実確認していなかったとし、調べた結果、それが事実であるという判断にはならなかったと説明した。
 新潮の記事では、親族にPTA会長らがいたことと、学校や教委の対応との関係にまでは触れていない。一方で、10日夜に放送されたテレ朝系「報道ステーション」では、因果関係をほのめかすような解説がなされた。
 被害生徒側からのSOSが市教委に届かず、アンケート結果は隠されていたとして、こう指摘した。
  「遺族が口にする不信感 加害者とされる生徒の一部の親族は地域の有力者だった」
 ネット上でも、加害生徒の親族について、県警OBがいたといった、真偽の不明な「独自情報」が出回り、様々な憶測がなされている。タレントのデヴィ夫人も、後に削除したものの、こうした情報を元に義憤をぶつけるブログを書いている。
■滋賀県警は「親族にOB」を否定
 前出の「報道ステーション」では、夜回り先生として知られる水谷修さんがコメンテーターとして出演し、こう市教委を批判した。
  「『万引きしろ』というのは、犯罪の教唆でしょう。あるいは、叩く殴る、もう傷害じゃないですか。警察に通報すら怠って、これはもう隠蔽としか取りようがないですね」
 加害生徒の親族に地域の有力者がいたかどうかなどについて、大津市教委に取材すると、担当者が協議中として話が聞けなかった。滋賀県教委の学校教育課では、「親族関係などについては、分かりませんし、個人情報に関わることはお答えできないです」と言うのみだった。
 滋賀県警の少年課では、取材に対し、親族に県警OBがいることを否定した。
  「ネット上には、OBの名前が挙がっていますが、それは加害生徒の祖父などではなく、まったくの事実無根です。いろいろな電話がかかってきて、本人も迷惑しています。親族に警察関係者はおらず、ですから、圧力などはあるわけがありませんよ」
 被害届を受理しなかったことについては、こう説明する。
  「処罰できるような明確な資料が整っておらず、関係者から事情聴取しないといけませんので、受理に至っていなかったということです。きょう11日から25人の捜査班を作って動いており、受理するかどうかは言えませんが、遺族の方が来られれば対応したいと考えています」
♪ランキングに参加中です。応援していただけると励みになります♪
banner_21 ブログランキング・にほんブログ村へ 【トレミー】人気ブログランキング blogram投票ボタン
mixiチェック