ブログネタ
.気になったニュース40 に参加中!
先日、関越道で運転手が居眠りし、側壁に激突し7人が亡くなった事故が起きましたね。この大惨事で、群馬県の要請で、大災害時や7年前のJR福知山線脱線事故にも派遣された医療チーム(DMAT)が現場に急行したそうです。前橋赤十字病院の救急科部副部長、中村光伸医師(38)が一員として到着したとのことです。緊急の治療が必要な赤色のタグや黄色のタグの乗客らは優先的に搬送され、病院には12人が運ばれ、医師、看護師ら100人が治療に当たったとのことです。中村医師は「到着時、亡くなった7人には黒のタグが付けられ、手足の骨折がひどかった」と話したそうです。病院に隣接する体育館には遺体安置所が設けられ、「お父さんが死んだ。返してください」と遺族の女性は声を震わせたとか。。。なんか、遺族の方々が気の毒で仕方ありません。声を震わせても、亡くなった方々は戻ってこないので、今後バス会社に損害賠償を求めるような訴訟が起きるのではないか。と思わなくもありません。。今回のことで、安さでバス会社を選ばず良いサービスを利用できるようなバス会社を選ぶ必要があるのかな。と思いました。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120430-00000502-san-soci
「お父さんを返して!」遺体安置所で声震わせる遺族 高速バス衝突
産経新聞 4月30日(月)1時16分配信
拡大写真
 現場には群馬県の要請で、大災害時や7年前のJR福知山線脱線事故にも派遣された医療チーム(DMAT)が急行した。前橋赤十字病院の救急科部副部長、中村光伸医師(38)が一員として到着したのは、午前7時15分。
【写真で見る】高速の側壁に車体がめり込み止まったバス
 通行止めとなった道路上では、救急隊員らが治療の優先順位を決める1次トリアージを実施。緊急の治療が必要な赤色のタグや黄色のタグの乗客らは優先的に搬送され、同病院には12人が運ばれ、医師、看護師ら100人が治療に当たった。中村医師は「到着時、7人には既に(救命可能性がない)黒のタグが付けられており、手足の骨折がひどかった」と話した。
 病院に隣接する体育館には遺体安置所が設けられた。「お父さんが死んだ。返してください」と女性は声を震わせた。
 けが人4人が搬送された高崎市の高崎総合医療センターには重傷を負った石川県野々市市の会社員、高畠一真さん(24)が運び込まれた。都内のコンサートに行くため1人で乗車、料金が3500円と他より安かったため事故を起こしたバスを選んだ。千葉県の実家に帰省する途中だった北陸大の大野日向葵さん(22)も同病院に搬送され、駆け付けた友人は、「インターネットのページで安いバス会社を選んだ」と話していた。
♪ランキングに参加中です。応援していただけると励みになります♪
banner_21 ブログランキング・にほんブログ村へ 【トレミー】人気ブログランキング blogram投票ボタン
mixiチェック