ブログネタ
.気になったニュース40 に参加中!
今日(15日)、東日本大震災で発生したがれき処理で静岡県島田市の桜井勝郎市長が市役所で記者会見し、岩手県大槌、山田両町の災害廃棄物の本格受け入れを表明したそうです。2月に山田町のがれきを10万トン試験焼却し、焼却灰の放射能濃度などを検査した結果、「問題ない」とのことです。桜井市長は、会見で「本日をもって正式に受け入れを表明する。東北の痛みを少しでも分かち合いたい」と述べたそうです。関連ニュースで、島田市が受け入れることに対して、岩手の中3から島田市長に感謝の手紙が届いたとか。秋田県に続き、静岡県が復興に向けて受け入れてくれるのは嬉しいですね。手紙は15日に発行される「広報しまだ」で市民に紹介されるみたいですが、便せんを書いた中3は、よっぽど嬉しかったんでしょうね。次は、どこが受け入れるのかはわかりませんが、全国の自治体が震災がれきの焼却をすれば、膨大な震災がれきは、すぐなくなると思います。被災地の復興を願うなら、放射能に目をつぶり、もっと協力的がれきの受け入れを表明してほしいと思いますね。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120315-00000054-jij-pol
がれき受け入れ表明=試験焼却「問題ない」―静岡県島田市
時事通信 3月15日(木)13時27分配信
 東日本大震災で発生したがれき処理で静岡県島田市の桜井勝郎市長は15日、市役所で記者会見し、岩手県大槌、山田両町の災害廃棄物の本格受け入れを表明した。市が2月に山田町のがれきを試験焼却し、焼却灰の放射能濃度などを検査した結果「問題ない」との結論が出たためだ。
 桜井市長は会見で「本日をもって正式に受け入れを表明する。東北の痛みを少しでも分かち合いたい」と述べた。
 桜井市長はこれまで、がれきの安全が確認された場合、輸送準備などができ次第、受け入れる意向を示している。今後は両町から年間5000トン程度のがれきを市内の焼却施設で処理し、焼却灰は市内の最終処分場に運び込む方針。 
♪ランキングに参加中です。応援していただけると励みになります♪
banner_21 ブログランキング・にほんブログ村へ 【トレミー】人気ブログランキング blogram投票ボタン
mixiチェック