ブログネタ
.気になったニュース40 に参加中!
今日(1日)、東日本大震災で発生した宮城県女川町のがれきを東京都へ搬出する作業が1日午前、同町石浜の仮置き場で始まったそうです。2012年度末まで女川町の可燃性廃棄物10万トンを受け入れる予定とのこと。1日は、木くずなど48トンをコンテナで搬出し、がれきの放射線量を3回測定し、安全性を確認した上でトラックに積み、仙台の貨物ターミナルまで運び、貨物列車に積み東京に運ぶとのこと。都が処理するがれきの量も膨大な量ですが、それでも13年度末で50万トン処理なんて書かれてると、震災で生じたがれきは、どんだけあるのかと想像がつきません。安全性を確認した上で影響がないのなら、都だけでなく、他県の自治体も受け入れて欲しく思います。復興のためと思えば、放射線に目をつぶりどの自治体ももっと協力的になってほしく思いますし、いまの現状、復興に向けてこれからもっと受け入れる自治体が増えていってほしいな。と思います。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120301-00000064-jij-pol
女川のがれきが東京へ=木くずなど48トン―宮城
時事通信 3月1日(木)10時57分配信
 東日本大震災で生じた宮城県女川町のがれきを東京都へ搬出する作業が1日午前、同町石浜の仮置き場で始まった。都が震災がれきの広域処理を受け入れるのは、岩手県宮古市に続き2例目。2012年度末まで同町の可燃性廃棄物約10万トンを受け入れる予定だ。
 同町の須田善明町長は「町には100年分以上の震災廃棄物が発生し、復興のハードルになっている。協力してもらい処理のスピードを上げたい」と述べた。
 1日は、木くずなど48トンをコンテナで搬出。がれきの放射線量を3回測定し、安全性を確認した上でトラックに積み込み、仙台市内の貨物ターミナルまで運ぶ。その後、貨物列車に載せ替え、東京には2日に到着する予定。
 運ばれたがれきは都内の清掃工場で焼却され、都の最終処分場に埋め立てられる。都は女川町と宮古市の分も含め、13年度末までに約50万トンの震災がれきを受け入れる計画。 

♪ランキングに参加中です。応援していただけると励みになります♪
banner_21 ブログランキング・にほんブログ村へ 【トレミー】人気ブログランキング blogram投票ボタン
mixiチェック