ブログネタ
.気になったニュース40 に参加中!
昨年1年間に、子どもの火遊びが原因で起きた火災のうち、7割が使い捨てライターによるもので、9月に子どもの使用を困難にする安全規制が導入された後も、同程度の割合で推移していることが、東京消防庁のまとめで分かったそうです。今月の14日に火災が起き、女児2人が亡くなったそうですが、規制前の旧型ライターによる火遊びが原因だとか。ライターが原因であっても、要はこれは親の躾と管理の問題でしょうね。寒くて、火遊びしたいのはわかりますが、子どもが火遊びを終わって火災にならないように消せるんでしょうかねぇ。。消せていないから、火災へと繋がります。もうこれは、マンナンライフの蒟蒻畑の窒息死の事故とほぼ一緒という気がします。悪いのはライターでなく、親の管理と躾、そしてライターの認識が甘いと思いますね。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120218-00000019-jij-soci
火遊びで火災、7割がライター=安全規制導入後も変わらず―東京消防庁
時事通信 2月18日(土)6時47分配信
 昨年1年間に子どもの火遊びが原因で起きた火災のうち、7割が使い捨てライターによるもので、9月に子どもの使用を困難にする安全規制が導入された後も、同程度の割合で推移していることが、東京消防庁のまとめで分かった。
 東京都板橋区の民家で今月14日、女児2人が死亡した火災は、規制前の旧型ライターによる火遊びが原因とみられ、同庁は「厳重な管理が必要」と呼び掛けている。
 経済産業省は昨年9月、使い捨てライターによる火遊び火災が相次いだことを受け、点火ボタンを重くするなど子どもの使用を困難にする「チャイルドレジスタンス(CR)機能」がない製品の販売を禁止した。
 経過措置の約9カ月間に大半が新型に替わったが、旧型はそれまで年間約6億個流通しており、処分が難しいことから家庭での旧型の取り扱いが課題になっている。
 東京消防庁によると、都内では2006~10年、子どもの火遊びによる火災は718件発生。うち12歳以下が起こした328件を見ると、約7割の232件はライター使用が原因だった。この5年間に火遊びによる火災で子ども7人が死亡し、いずれも自宅でライターを使っていた。
 昨年1年間では41件起き、うち29件でライターが使われた。割合は約7割と変わらず、経産省の担当者は「安全規制後も切り替えが十分に進んでいない」と指摘する。 
♪ランキングに参加中です。応援していただけると励みになります♪
banner_21 ブログランキング・にほんブログ村へ 【トレミー】人気ブログランキング blogram投票ボタン
mixiチェック