ブログネタ
.気になったニュース39 に参加中!
東日本大震災で発生した膨大ながれきを巡り、全国の自治体で、いったん受け入れを表明しながら、住民の反対で交渉が難航するケースが相次いでいるそうです。野田首相は「全国で分かち合う広域処理が不可欠」として、自治体へ協力を呼びかける方針だそうですが、がれきの放射能を懸念する住民の説得が大きな課題だとか。正式に表明したのは、都の石原慎太郎知事だけ。未だに、原発の放射能を懸念する声が上がり、がれきの処理も難航、復興も難航。震災で、東北地方の復興に協力しようというのなら、放射能を懸念せずに住民も協力するのが当たり前。「何かあったら責任を取れるのか」などと、怒号も飛んでいるそうですが、考えすぎではないでしょうか。なぜ復興に協力しないのか・・・。以前、石原知事から「だまれ」という声が上がりましたが、本当にあの声の意味と気持ちがよくわかります。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120214-00000681-yom-soci
震災がれき受け入れ難航、住民交渉で反対根強く
読売新聞 2月14日(火)14時42分配信
 東日本大震災の被災地で処理しきれないがれきを巡り、全国の自治体で、いったん受け入れを表明しながら、住民の反対で交渉が難航するケースが相次いでいる。
 野田首相は「全国で分かち合う広域処理が不可欠」として、自治体へ協力を呼びかける方針だが、がれきの放射能を懸念する住民の説得が大きな課題だ。
 「安全と言われた原発がこうなった。国の安全基準など信用できない」「何かあったら責任を取れるのか」。神奈川県の黒岩祐治知事が1月から3回開催した住民説明会。横須賀市にある県の最終処分場の周辺住民らに理解を求める知事に、会場の反対派から怒号が飛んだ。昨年12月に受け入れを表明して以来、がれきの安全性を強調してきたが、話はかみ合わないままだ。
 静岡県島田市は昨年12月、岩手県の山田、大槌両町からの受け入れを明らかにした。しかし、健康不安や特産の茶への風評被害を懸念する声も大きく、正式表明を延期。桜井勝郎市長は「市の責任でやる」と、安全性を確認する試験溶融を2月16、17日に実施する。
 受け入れは、少しずつだが進んでいる。東京都は昨年5月、石原慎太郎知事が受け入れを表明し、民間業者などが計約2400トンを搬入し、13年度までに岩手、宮城両県の約50万トンを処理する計画だ。山形県は計4万8520トンを処理した。
 環境省は、がれき焼却灰を埋めた処分場の横で生活しても、住民が受ける放射線量は年0・01ミリ・シーベルト(一般公衆の年間線量限度の100分の1)以下と強調したパンフレットを作成。同省幹部は「客観的データを示して納得してもらうしかない」と話している。
♪ランキングに参加中です。応援していただけると励みになります♪
banner_21 ブログランキング・にほんブログ村へ 【トレミー】人気ブログランキング blogram投票ボタン
mixiチェック