ブログネタ
.気になったニュース39 に参加中!
1997年に千葉県流山市で女性会社員・田島由美さん(当時24歳)が刺殺された事件で、誤認逮捕された田島由美さんの義兄(42)は読売新聞の取材に当時の状況を語ったそうです。。特に、深夜に及ぶ任意聴取が約2週間続き、祖母が自白したと捜査員に言われ取り調べが厳しくなり、信用されず、「じゃ逮捕してくれ」と投げやりに言ったら、犯行を認めたと受け取られて捜査員が慌ただしく動き、その日のうちに殺人容疑で逮捕されたんだとか。

物的証拠や証言の裏付け捜査もしないで、逮捕するなんて、酷い話ですね・・・。警察の過失の誤認逮捕は問題です。・・・が、母親を守る立場の家族が聴取を重ねた2週間、信用されなくても「じゃ逮捕してくれ」なんていう方もおかしいような気がしなくもありません。極悪犯には厳しいやり方をしないと自白を引き出せないが、冤罪の市民にも同じやり方を適用すると、またこのストーリーのように過失が生まれてしまいそうですね。極悪犯と市民の区別のやりようがないので、難しい問題ですね。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120119-00000151-yom-soci
2週間信用されず「じゃ逮捕して」そして犯人に
読売新聞 1月19日(木)12時3分配信
 「だんだん犯人にさせられていった」。1997年に千葉県流山市で女性会社員・田島由美さん(当時24歳)が刺殺された事件で、誤認逮捕された田島由美さんの義兄(42)は読売新聞の取材に当時の状況を語った。
 義兄によると、家族は早期解決のため捜査に協力。田島さんと同居していた当時80歳の祖母は足が悪かったが、県警は「面倒みますよ」と連れて行き、事情聴取を重ねたという。そこで「自白」が生まれ、「私たちへの取り調べが厳しくなった」。
 深夜に及ぶ任意聴取が約2週間続き、祖母が自白したと捜査員に言われた。「狭い部屋で『やったんだろう』と言われ続けると、本当にやった気になってくる。『やった』と言ったほうが楽になれるとさえ思った」。信用されず、「じゃ逮捕してくれ」と投げやりに言ったら、犯行を認めたと受け取られて捜査員が慌ただしく動き、その日のうちに殺人容疑で逮捕されたという。
 逮捕後の聴取で、知らないことは説明できず、怒る捜査員に「現場に行ってないのだから説明のしようがない」と正直に言うと、「じゃあ、何で『やった』と言ったんだ」とどなられた。その後、弁護士がついて祖母は否認に転じ、3人は釈放され、不起訴となった。「真実がやっとわかったという安堵(あんど)もあるが、警察への不信は今もある」
 田島さんの母(66)も「いつか汚名はそそがれると信じて生きてきた。ストーリーをでっちあげ、家族を誤認逮捕した警察は許せない」。祖母はすでに他界したが、生前「私はやってない」と繰り返していたという。
♪ランキングに参加中です。応援していただけると励みになります♪
banner_21 ブログランキング・にほんブログ村へ 【トレミー】人気ブログランキング blogram投票ボタン
mixiチェック