ブログネタ
写真日記 に参加中!
当ブログにご訪問の皆様、こんばんは!!週明けの月曜日、皆様いかがお過ごしでしょうか。今日は朝から寒かったですね。早いもので12月も二週間を切ってしまいましたね。それと同時に、本格的な冬の寒さが訪れるようにもなってきましたね。12月の下旬に突入する今日この頃、上空からの寒気で今日は寒い朝を迎えました。今日の朝夕もいうにおよばず日中もグッと気温が下がり、冷え込みも激しく寒くなってきましたね。
P1090540
最近になってから、出社する際に結構マフラーを巻いている人を結構見かけるようになってきました。ここ最近、寒い日が続いていますが、皆様、風邪など引かれておりませんか?インフルも流行期に入りましたので、、風邪やインフルにかからないような対策が必要になってきましたねw(笑)。社内は暖房が効いてて暖かいのですが、外気との寒暖差が、全然違うので体調を崩しそうな気もしなくありません(笑)。

さて!昨日、所用で市川市まで足を運んだ私ですが、終わらせた後に市川市の某映画館でJAXAが全面協力した【はやぶさ/HAYABUSA】の2回目を観てきました。都会じゃまだやっているのかなという事と、1回観ただけじゃ、ストーリーを理解し辛かったので、それもあってのこと。所用が長引き気分転換も含めてなんですけどw(笑)。
はやぶさ
本作は、皆様ご存知の通り、JAXAの小惑星探査機“はやぶさ”の話を映画化したもの。来年の2月、3月には同じテーマの作品が立て続けに公開されるそうです。初めて、この映画を観た際は、主演の水沢恵(竹内結子)のキャラがどうもつかみづらく、ストーリーになかなか入り込むことができませんでした。・・・が、やはり2回目の【はやぶさ/HAYABUSA】は、いろいろな場面で、実際の現実の人たちの想いが重なる細かいところまでしっかりと観る事ができました。

JAXAの矢野氏のメッセージを読み、川口氏のメッセージも読み。はやぶさを飛ばすまでの17年間、飛ばした後の7年間、事実を事実として描いているからこそ、映画がなんだかとても静かで穏やかで淡々として、JAXAの方々の言葉を読んだ後に何の違和感もなく、観ているこちら側に強い想いが伝わってきました。

田嶋(山本耕史)さんが、「君の名前が決まったよ」と言い、サンプルを持って帰還すべきだと主張する姿とか、川渕教授(佐野史郎)が、はやぶさが帰還するときの姿をみるときの涙の燃え尽きるはやぶさを見つめるところなどと、事実が後押しをするような形で、それぞれ(俳優)の気持ちが作品の中に入ってました。
P1080884
矢野氏や川口氏のその想いを踏まえてあの画面が作り上げられた、と思うと、普通のフィクションより更に役者さんたちは大変だったと思いますが、物凄く伝わるものが大きいのですね。二回目の着陸が成功した後、ガスが漏れて連絡がつかなくなった時、他にもイオンエンジンが壊れたとき使えるところを組み合わせたりして、よくもどってきたねって思いました。

今回はさすがに泣かないだろうと思いましたが、やっぱりはやぶさの大気圏突入のシーン、ラストエンディング曲が流れてきてヤラレました(泣)。主題歌の『信じてるよ。それが奇跡でも、今はまだ遠い宇宙(そら)の向こうでも・・・』というフレーズに、ストーリー全体を見てこの偉業を達成したはやぶさが、よく地球に帰ってきたと感心しただけではなく、感動がラストの主題歌により一気に涙しました。
P1090520
通信が途絶えてから、誰も諦めなかった。色んな苦難を楽しむように立ち向かった。奇跡が起きたんじゃなくて、チームの一人一人が自分の持てる能力を最大に発揮したから、奇跡を起こすことが出来た。と改めてわかりました。一つ欲を言うなら、回収されたカプセルをJAXAで迎えるシーンも入れて欲しかったな~と思いましたね(笑)。ホント、はやぶさの帰還は、まさしく奇跡だったように感じました。

映画があまりに感動したので、某映画館に張り出してあるポスターが欲しくなり、敢えて言ってみると店員が「一枚余ってますよ」という事で、ラッキーなことに貰いました。言った当初、恐らくダメと言われると思いましたけどね(笑)。私自身はあまり映画に詳しくないので、詳しい方が観ると、また感想が違うのかもしれません。私的にはとても面白かったですし、大画面で2回目を観れよかったと思いました。他の人にも、映画館で1回は観てほしい作品だ。と、私は思うのでありました(笑)。
♪ランキングに参加中です。応援していただけると励みになります♪
banner_21 ブログランキング・にほんブログ村へ 【トレミー】人気ブログランキング blogram投票ボタン
mixiチェック