ブログネタ
.気になったニュース37 に参加中!
甲子園に向けて、夏の高校野球の地方大会で熱き試合を行うはずが、各地で猛暑日となり、チームのメンバーが熱中症の被害が相次いだそうです。熱中症になったのは、1人だけでなく、8人もの選手が、けいれんなどを起こすなどの症状がでて、病院へ搬送されたみたいです。熱中症の影響で、試合を最後まで行えなえず、没収試合で敗退という悲しい結果となってしまいました。

気温は、鳥取県米子市で37.1度、福井県小浜市で36.9度もの最高気温を記録したそうです。地球温暖化で年々暑くなっているので、炎天下で試合をすることがどれだけのエネルギーを消耗するか。。。試合は全国でもまだまだありますから、熱中症には十分気をつけてほしいですね。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110709-00000721-yom-soci
熱中症で人数足りず没収試合…高校野球広島大会
読売新聞 7月9日(土)22時12分配信
 西日本で梅雨が明けて最初の週末となった9日、鳥取県米子市で37・1度、福井県小浜市で36・9度の最高気温を記録。各地で猛暑日となり、夏の高校野球の地方大会では、熱中症の被害が相次いだ。
 広島市のマツダスタジアムで開幕した夏の高校野球の広島大会では、午後3時前に始まった第2試合で、広島工大高の選手8人がけいれんを起こすなどし、うち3人が病院に運ばれた。途中交代した選手もいたため、延長十三回終了時点で出場できる選手が8人となり、没収試合(7―7)で敗退した。
 対戦校の広島井口高の4人も熱中症とみられる症状を訴えた。同大会ではほかに6人が病院に搬送された。同市の最高気温は32・3度(平年29・8度)だった。
♪ランキングに参加中です。応援していただけると励みになります♪
banner_21 ブログランキング・にほんブログ村へ 【トレミー】人気ブログランキング blogram投票ボタン
mixiチェック