ブログネタ
『普通』って何だろう? に参加中!
当ブログにご訪問の皆様、こんにちは!!今日は、曇りで昨日と比較すると割と少し涼しめな、スッキリしない天気ですね。昨日は、晴れて夏空が広がり、湿度が高くムシ暑かった天気と大違いです(笑)。ついこの前、6月に入ったと思ったら、あっという間に6月もあと4日となってしまいました。やはり月日の流れは早いですね。
JAL
さて、昨日に引き続き、共通テーマに沿って書いてみたいと思います。今回は、【『普通』って何だろう?】だそうです。『普通』って何だろう?ということみたいですが、簡単そうでなかなか難しい問いかけですね。そもそも『普通』の定義って何でしょうね(^_^;)。正直、私にもよく分かりません。私的に、ケースバイケースで、少し『普通』という言葉の意味が違ってくると思います。

それに、人によって普通という言葉の意味が少し違ってくるのではないでしょうか。このことばにつきましては、結構個人差がありますよね。例えば、私の日常生活の普通は、日々7時頃に起床し、顔を洗って朝食。昼食はもちろん夕飯も食し、ブログ更新をして、TVでドラマなどを見たりした後に、23時頃に寝るのが日常生活となっています(土日の場合)。これが普通。

もちろん、皆様の日常生活は異なると思われるので、例を挙げたことが普通とは言いません。それに、私の日々の生活でも、いつも同じことをするとは思いません。なんか、色々考えることによって、簡単そうに聞こえる”普通”って、難しいですね。ホント、言葉は難しいです。久しぶりに長文となってしまいましたが、悪しからず(^^;ゞ、ちなみに、以下、Wikipediaで調べてみました。
普通(ふつう)とは、特筆すべき属性を持たない状態のこと。「特別」「専門」と対比される概念である。類義語として、「尋常」「並み」「人並み」「十人並み」「月並み」「凡」「平凡」「平々凡々」「凡庸」「類型」など。
「出る杭は打たれる」という諺にあるように、社会の中で非凡なものは時にバッシングを受け、普通であることが求められる。しかし、ただ凡庸であることも、「どこにでもありふれている、新鮮味がない」といった意味合いで否定的に捉えられることがある。例えば『さよなら絶望先生』には、「けして良い意味で使われないフツー」にコンプレックスを持ち、普通呼ばわりされることを極度に嫌うキャラクターが登場する(日塔奈美)。
近年の若者言葉において「普通」は、「普通に良い」のように、一定基準を満たしている、または特に問題が無いことを表す肯定的な言葉としても使われる[1]。例えば、言葉のジェネレーションギャップを歌い上げる『これってホメことば?』という歌にも「フツーにおいしい」という表現が取り上げられている。また、「平然と-を行う」、「当たり前のように-を行う」という意味として、「普通に-を行う」というように「普通」を使用する者も増えている。
♪ランキングに参加中です。応援していただけると励みになります♪
banner_21 ブログランキング・にほんブログ村へ 【トレミー】人気ブログランキング blogram投票ボタン
Clip to Evernote mixiチェック