ブログネタ
.気になったニュース37 に参加中!
東日本大震災で、福島の第一原発の事故で相馬市の酪農家男性(50歳代)が「原発さえなければ」と書き残して自殺してしまったそうです。なんていうか、この人はすごく苦しんでいたと思いますし、牛も処分しなければ・・・。とか酪農家にとって辛いことだと思います。でも、自殺は一番ダメな選択肢だと思います。自殺して残された家族はどうなるんでしょうか。。。遺族にも辛いことで、落ち着いたら東電に怒り・・・。もう過ぎたことは仕方ありませんが。。東京電力や酪農の組合はこれを受けてどう対応するんでしょうね。事の成り行きによって前向きな結果が生まれればいいのですが、可能性は薄そうです。ご冥福を心よりお祈り申し上げます。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110614-00000091-yom-soci
相馬の酪農家自殺、「原発なければ」と書き残し
読売新聞 6月14日(火)3時9分配信
 福島第一原発の事故で、牛を処分して廃業した福島県相馬市の酪農家男性(50歳代)が「原発さえなければ」と書き残して自殺していたことが13日、わかった。
 関係者によると、男性は今月11日、小屋で首をつった状態で見つかった。小屋の壁に白チョークで「仕事する気力をなくしました」「残った酪農家は原発にまけないで」と記していた。
 男性が住む地区は当初、加工前牛乳が出荷停止となり、男性は乳を搾っては捨てていた。今月初旬までに約30頭を処分した。男性は親の代から酪農を続けており、姉は本紙の取材に「(弟の死は)子どもたちのことを思えば話したくない。しかし、原発の件は訴えたい」と語った。
 酪農家仲間だった男性(51)は「避難区域ではないため、補償はないだろうと繰り返していた」といい、農業男性(53)は「連絡をとるたびに『原発ですべてを失った』と悩んでいた」と話した。
♪ランキングに参加中です。応援していただけると励みになります♪
banner_21 ブログランキング・にほんブログ村へ 【トレミー】人気ブログランキング blogram投票ボタン
Clip to Evernote mixiチェック