ブログネタ
.気になったニュース37 に参加中!
昨年の9月に尖閣諸島で海上保安庁の巡視船に中国の漁船が衝突して紛争を起こした船長が、海保に連行される際に職員から暴行を受けたと証言しているようです。しかも、インタビューで、海保の巡視船に故意に衝突したとの見方を否定して、「彼らが突然、方向を変えたため衝突した」と、話しているそうですが、なんて勝手な言い分でしょうか。

昨年、事件が起こってから、尖閣諸島の衝突のビデオを退職した海保職員がyoutubeに投稿しましたが、あのビデオをみると、故意的に中国の漁船から衝突してきた様子がしっかりと世界中に流れたと思うのですが。あのビデオをもし再び流せば、中国人の船長は、身勝手な証言は出来ないはず。何の為に衝突してきたのかは、わかりませんが、どちらが嘘をついているのかの判断は誰にでも出来ると思います。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110523-00000038-mai-cn
<尖閣衝突>中国人船長「海保職員が暴行」…香港紙に証言
毎日新聞 5月23日(月)12時52分配信
 【北京・成沢健一】昨年9月に尖閣諸島沖で起きた中国漁船衝突事件で逮捕され、処分保留で釈放された※其雄船長(※は擔のつくり)が香港紙「明報」のインタビューを受け、連行される際に日本の海上保安庁職員から暴行を受けたと証言した。東日本大震災の被災地を中国の温家宝首相が訪問、復興に協力する姿勢を示したが、証言は改善に向かうとみられた日中関係に影を落としそうだ。
 23日付の同紙によると、船長のインタビューは5月初めに行われた。船長は海上保安庁の巡視船に故意に衝突したとの見方を否定し、「彼らが突然、方向を変えたため衝突した」と主張した。1回目の衝突の後、台湾方面に向けて逃げようとしたが、複数の船艇に囲まれ、追いつかれたという。
 船長は停船後に乗り込んできた海保職員に棒で右肩を殴られたうえ、左足を蹴られたと訴えた。また、取り調べ期間中、深夜まで眠ることを許されず、尖閣諸島が日本の領土だとする文書に署名するよう強要されたと主張している。
 海上保安庁広報室は「署名の強要など報道されているような内容はありえない」としている。
♪ランキングに参加中です。応援していただけると励みになります♪
banner_21 ブログランキング・にほんブログ村へ 【トレミー】人気ブログランキング blogram投票ボタン
Clip to Evernote mixiチェック