ブログネタ
◆最近の出来事・最近思ったこと◆ に参加中!
当ブログにご訪問の皆様、こんばんは。今日の木更津は、少し涼しめのよくわからぬスッキリしない陽気で、今にも雨が降り出しそうな空が広がっていましたが、帰途時には、更にドンヨリした空が広がり、予報通り、雨が降り出しました。そして、更には雷まで・・・。ただ、ゴロゴロなんて、おとなしい音の雷ではなく、ピカッゴロゴロゴロドシャァーーン!!!という激しい落雷を伴い、地響きが凄かったです(笑)。

ここまで来ると“夕立ち”なんてものじゃないですね。今は、ゴロゴロといっているだけみたいで、落ち着いてくれてるみたいなんですが、再び激しい落雷があるかもしれませんね。(-。-)y-゜゜゜それにしても、例年この時期は、初夏のような日が続くと思うんですが、なかなか、暖かい日が続きませんね。今日も、いつもより涼しめな陽気で不思議と風が異様に冷たく感じました(笑)今日の雷雨は、暑くなる前の前兆でしょうかね(笑)
コクリコ坂から
さて、ここ最近ayuちゃんの~POWER of MUSIC~ツアーが開幕して、浜崎あゆみの事ばかり頭に入ってしまっていたようですが、今日Yahooニュースを読んでいたら、スタジオジブリの宮崎吾朗j監督の新作 【コクリコ坂から】の声優が決まったそうです。13日に流れてたみたいですが、今年のツアーが始まる前日だったので見逃してしまいました(笑)。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110516-00000016-kana-l14
横浜市とジブリが連携、横浜舞台の新作映画「コクリコ坂から」をPR/神奈川
カナロコ 5月16日(月)12時0分配信
拡大写真
 横浜が舞台となっている、今夏公開のスタジオジブリ新作映画「コクリコ坂から」(配給・東宝)。この公開に合わせて横浜市とジブリは、完成披露試写会や主題歌コンサートといった映画のPRイベントを市内で展開する。港を望む丘の町に住む、少女の物語。横浜のイメージそのままを舞台にしたような作品を、市は観光集客アップや地域経済活性化の追い風としたい考えだ。
 作品は1980年、少女漫画誌に連載された。63年ごろの横浜を舞台に、女子高生海(うみ)の恋愛や出生の秘密が描かれる。7月16日から全国公開予定だ。
 昨年12月にジブリが発表し、舞台が横浜と知った市がジブリにアプローチ。タイアップが実現した。
 例えば、東京都内で行われる予定だった完成披露試写会は、7月4日に県民ホール(横浜市中区山下町)で開かれる。ゲストの舞台あいさつなどでも横浜をアピール、市民招待席も用意される。映画の公開直後から全国を巡回する主題歌コンサートは、8月21日に県立音楽堂(同西区紅葉ケ丘)で千秋楽を迎える。
 市によると、ジブリが自治体と公民連携し特定地域でのプロモーションを行うのは初めて。このほかにも市は、映画の舞台巡りなど映画の世界を追体験できるような企画を民間事業者と連携して実施し、集客につなげたいとしている。

毎回、ジブリの新作が出るたび、声優が誰になるか、気になりますよね。今回、主役の海の声を演じるのは長澤まさみさん。ちなみに、主題歌はゲド戦記についで手嶌葵さん。曲は「さよならの夏」。この作品は戦後(1963年)の横浜市を舞台に、高校生の男の子と女の子が心を通わせる物語らしいです。戦後の横浜市なんて、ちょっと想像がつきませんが、どんなストーリーなんでしょうね。

主役の松崎海役に長澤まさみさん、海が心を寄せている風間俊役に岡田准一さん。舞台が横浜と知った市が、スタジオジブリにアプローチし、タイアップが実現し、映画のPRイベントを市内で展開するそうです。横浜市としては、この映画で市外からより多くの観光客を呼び込みたいようですねw(笑)。監督がゲド戦記で失敗しているのでちょっと心配でもありますが、今度は期待したいですね~。全国公開がとても待ち遠しく、楽しみだな。と、思った私です(笑)。
♪ランキングに参加中です。応援していただけると励みになります♪
banner_21 ブログランキング・にほんブログ村へ 【トレミー】人気ブログランキング blogram投票ボタン
mixiチェック