ブログネタ
.気になったニュース36 に参加中!
先日、富山県の砺波市の焼き肉チェーン「焼肉酒家えびす砺波店」で焼肉店でメニューで出したユッケが原因で食中毒になり、小さい男の子が亡くなりましたが、同チェーン店で生肉のユッケを食べて重症になっていた70歳代女性が同日午前、入院先で亡くなったそうです。。。今回の食中毒で亡くなった方が、4人目みたいですが、、4人も亡くなるなんて、食中毒は、怖いですね。生肉は、魚介類のように新鮮だから安心だと思っていましたが、今回の食中毒事件で、そうでは無いと初めて知りました。

他店の焼き肉チェーン店でも、ユッケの販売を中止にしたと、耳にしてます。しかし、本当に大変なことになりましたね。私やこの記事を閲覧の皆様の中で、ユッケなど大好きな方にとって、決して他人事ではないですよね。病原菌のO-157は聞いたことあるけど、O-111というのがよくわからないので検索すると、結構怖い病原菌みたいです。やはり、肉は加熱する必要がありますね。 この事件が落ち着いても、これからユッケなどを食べるのには躊躇してしまいます。。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110505-00000172-yom-soci
焼き肉店食中毒死、4人目は4日死亡女性の家族
読売新聞 5月5日(木)9時18分配信
 焼き肉チェーン「焼肉酒家えびす」の富山、福井両県の店舗で食事をした3人が、腸管出血性大腸菌「O(オー)111」に感染するなどして死亡した集団食中毒で、富山県は5日、同県砺波市の同チェーン砺波店で、生肉のユッケを食べて重症になっていた70歳代女性が同日午前、入院先で死亡したと発表した。
 今回の食中毒の死者は4人目。4日に死亡した40歳代女性の家族で、4月23日に同店で一緒に食事をしていた。
 同県によると、女性は4月23日に同店で家族5人で食事し、26日に腹痛や下痢などの症状が出た。27日に入院したが、30日に腎臓障害などを引き起こす溶血性尿毒症症候群(HUS)で重症となっていた。女性からO111が検出された。
 一緒に食事をしていた家族のうち、ほかに2人が入院中で、残りの1人は食中毒の症状が出ていないという。
 同店では、ユッケを食べた男児(6)が4月29日に、40歳代女性が今月4日にそれぞれ死亡。福井市の福井渕店でも男児(6)が4月27日に死亡した。
 また、国立感染症研究所は5日、富山県内での調査を始めた。
♪ランキングに参加中です。応援していただけると励みになります♪
banner_21 ブログランキング・にほんブログ村へ 【トレミー】人気ブログランキング blogram投票ボタン
Clip to Evernote mixiチェック