ブログネタ
信じられないニュース に参加中!
先日起きた、衰弱死により、中島千佳さんが亡くなった事件。たった2人だけの姉妹なのに、どうしてこういうコトが出来るんでしょうか。私にも3歳離れた妹がいて、生意気だし屁理屈だし腹に立つことだってあるけどさ・・・、いくらなんでも、虐待して殺すなんて馬鹿げたことはできません。。それを平気で殺しちゃうんだから、私的には逮捕されたお姉さんが許せないです。もちろん、共謀して尚且つ詐欺容疑でも既に逮捕されている2人の男性も許せないですが・・・。。

暴力や虐待による、強い精神支配下におかれると、監禁されていなくても逃げ出せず、終いには衰弱死してしまうのかもしれません。日々、いろんな悲惨な事件が起き、報道が続くと見る方の神経もマヒし「またか!」って感じになるこの怖さ・・・。血の繋がる妹に暴力や虐待なんてことができる姉は、どこか精神に異常があるのでしょうか・・・。普段、こういうとても悲しいニュースにはツッコミを入れることはあまり無いのですが、この事件はあまりにもショッキングだったので、書いてみました。もう、こんな悲しいニュースには二度とみたくないですね。。改めて、心からご冥福をお祈り致します。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110124-00000100-san-soci
茨城衰弱死 心理的に支配か、出入り自由も逃げ出せず
産経新聞 1月24日(月)7時56分配信
拡大写真
茨城県龍ケ崎市のアパートで大学生、中島千佳さん(20)が衰弱死し、殺人容疑で姉ら3人が逮捕された事件では、インターネットで知り合った3容疑者が千佳さんを迎え入れて同居するなど奇妙な生活を送っていた。千佳さんは監禁されず、自由に部屋を出入りできたとみられており、茨城県警は千佳さんが心理的に容疑者らの支配下にあり逃げ出せなかった可能性もあるとみて、衰弱死するまでの経緯を調べている。
 県警竜ケ崎署の調べなどによると、逮捕された千佳さんの姉の無職、由起容疑者(22)は平成21年秋ごろ、インターネットのチャットを通じて無職、横江直人容疑者(23)と知り合った。昨年6月ごろに事件現場となったアパートを借りて奈良県から移り住み、横江容疑者と派遣社員の鈴木夕容疑者(43)が同居するようになった。横江、鈴木両容疑者は5、6年前に携帯電話の出会い系サイトを通じて知り合っていた。
 由起容疑者は母親に「ルームシェア」と説明。昨年8月には千佳さんも同居を始め、通っていた関西の私大は休学した。横江、鈴木容疑者は日常生活でも、ネット上の名前である「ハンドルネーム」を使っていた。
 同署によると、横江容疑者は「千佳さんが言うことを聞かず、気にいらなかった。虐待を繰り返した」と供述。千佳さんは9月中旬ごろには横江容疑者から暴行を受け始め、満足な食事を与えられないまま今年1月3日ごろに衰弱死したとされる。
 千佳さんの頭部には殴られたようなこぶ、手足にはやけどのような化膿(かのう)した傷が多数あった。供述などから、千佳さんは監禁されたり見張られたりはしていなかったとみられる。
♪ランキングに参加中です。応援していただけると励みになります♪
banner_21 ブログランキング・にほんブログ村へ 【トレミー】人気ブログランキング blogram投票ボタン
mixiチェック