ブログネタ
.気になったニュース35 に参加中!
先日から話題になっているタイガーマスク運動。匿名でタイガーマスクなどの名前を使って寄付する運動が、徐々に広がっていますね。最初はこの運動が大々的に広がるとは思っていなかった私。でもこういった運動が不況の時に起こるって、心が温かくなりますね。みんなが助け合う気持ち、素晴らしいですね。それが連鎖して広がっていくなんてますます日本人って、助け合う気持ちを持った人が多いんだなと思いました。

でも、なかなか難しいのが「共同募金へ」とか。物より現金のほうが良いですってことに聞こえてしまいます。でも、「事前に何が足りないか聞いてもらえると助かる」という施設側の気持ちはよく分かります。だってせっかく善意でいただいたものが無駄になったタイガーマスクに申し訳ないですもん。無駄にしないために、先に確認して寄付していただいたほうが効率良いですからね。ただ「現金を」というニュアンスが良くないです。人の善意の気持ちを踏みにじっている雰囲気が出ているので、難しいところです。。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110114-00000038-zdn_n-inet

「何が必要か、事前に施設に問い合わせを」 “タイガーマスク運動”受け、児童養護施設協議会が「お礼とお願い」
ITmedia News 1月14日(金)12時54分配信
「子どもや児童養護施設には何が必要なのか、事前に施設にお問い合わせいただくとうれしく存じます」「共同募金会を通じた寄付もできます」――児童養護施設にランドセルなどを寄付する“タイガーマスク運動”の広がりを受け、全国児童養護施設協議会が、「児童養護施設へのご厚意にかかわるお礼とお願い」と題した文書を1月13日付けでWebサイトに掲載した。
【拡大画像や他の画像】
 子どもや施設に何が必要か、事前に問い合わせた上で寄付してもらえれば、「よりみなさんのご厚意を活かすことができるとともに、子どもたちも、どなたからいただいたご厚意かを知ることで、今後の成長の糧ともなる」としている。施設の所在地は、同協議会サイト内のPDFファイルで確認できる。
 施設が近くにない場合、赤い羽根の「共同募金会」を通じて寄付することも可能と紹介。寄付先を指定できる共同募金会の「受配者指定寄付金制度」を利用して寄付してもらえれば――としている。各都道府県の共同募金会の窓口は、Webサイトで確認できる。
 児童養護施設は全国579カ所あり、約3万人の児童が暮らしているという。子どもの生活や施設運営の費用は国と都道府県が半分ずつ出し、基本的な生活は保障されているが、「子どもの自立のための費用などは十分な配慮ができているとはいえない」状況で、多くの人からの寄付や協力が運営を支えているという。
 「みなさんからのご厚意は、児童養護施設で生活する子どものために有効に使わせていただきます」としており、そのためにも、何が必要かの問い合わせや、共同募金会を通じた寄付をしてもらえれば、としている。
♪ランキングに参加中です。応援していただけると励みになります♪
banner_21 ブログランキング・にほんブログ村へ 【トレミー】人気ブログランキング blogram投票ボタン
mixiチェック