ブログネタ
.気になったニュース35 に参加中!
一昨年、マンナンライフの凍った蒟蒻ゼリーを食べさせた事によって起きた窒息死事故。先日の裁判によって、正当な判決がでて、ケリがついたと思っていた私。正当な判決がでてホッとしていましたが、今日の休憩時間帯に新たなニュースが出たみたいですね。今日消費者庁で製品改良の要望が出されました。・・・が、その要望が1㌢以下にするか、一口でのみ込めないほど大きく。あるいは弾力性を抑えるか。
IMG_0776

裁判で正当な判決が出た後にもかかわらず、こんな馬鹿げた指標を出すために、専門家を集め模型を使った実験をしたんではない。蒟蒻畑の醍醐味は、あの弾力のある歯ごたえのある独特の食感があるところ。1㌢以下にすると、食べ応えがなくなってしまいます。lightも出て弾力も少し落ちたものが既に出ているのに・・・。あまりないものが個々のゼリーの表に、デカデカとかわいく注意が書いてあるので、改良する必要はない。と思いますね。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101222-00000051-jij-soci

こんにゃくゼリーに安全指標=メーカーに改良要望―消費者庁
時事通信 12月22日(水)12時11分配信
 こんにゃくゼリーによる窒息事故の防止策を検討していた消費者庁の研究会は22日、商品の大きさや弾力性についての安全指標を公表した。研究会は報告書で、販売中の商品の大半が指標に合致しておらず、直径を1センチ以下にするか一口でのみ込めないほど大きくすることや、弾力性を抑えてかみ切りやすくする必要があると指摘した。
 消費者庁はメーカー側に指標や測定方法を送付し、早期の改良を求める。こんにゃくゼリーで国が基準を示すのは初めて。
 消費者庁は口腔(こうくう)衛生学などの専門家による研究会を立ち上げ、信州大医学部などで模型を使った再現実験を実施。かみ切りにくさや詰まりやすさ、一般的な救急方法で除去可能かなどを、サンプルを使って検証してきた。
 その結果、現行製品と同程度のサンプルでは窒息が起こりやすい水準にあり、いったん詰まると除去が困難なことを確認した。報告書は、商品の直径変更や、こんにゃく粉の割合を減らすなどしてかみ切りやすくする必要があると指摘。一口大で吸い込むように食べるミニカップ容器の改良も求めている。
♪ランキングに参加中です。応援していただけると励みになります♪
banner_21 ブログランキング・にほんブログ村へ 【トレミー】人気ブログランキング blogram投票ボタン
mixiチェック