ブログネタ
海外ニュース3 に参加中!
先日、23日に北朝鮮が韓国を砲撃した問題が、更にエスカレートしてきましたね。本格的な軍事演習をして、北朝鮮がとる行動は・・・。少しでも刺激すると、再度砲撃などをやりかねないですよね。そうなる前に、中国が出る行動は・・・?カギを握っているのは中国ですから、あのアブナイ北朝鮮の暴走を止めるよう説得する役割を中国には期待したいです。

しかし、あまりにあの本格的な軍事演習で刺激しすぎて、もしかしたらまた北朝鮮が暴走してしまったら、カギを握っている中国でもコントロールできないかもしれないです。そうならないように米国は北朝鮮の緊急事態の対応について中国と事前に協議する回数を増やした方がいいんじゃないかなぁ。と思いました。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101129-00000092-san-int

米韓演習 対潜水艦重点/北戦闘機迎撃想定も
産経新聞 11月29日(月)7時57分配信
拡大写真
 【ソウル=加藤達也】米韓合同軍事演習が28日午前6時に始まった。米軍は、戦闘機など70機を艦載する原子力空母「ジョージ・ワシントン」を黄海での演習に初めて投入するなど、圧倒的な戦力を誇示して北朝鮮を牽制した。
[フォト]韓国の軍用車の窓には生々しい銃弾の貫通痕が
 演習海域は北緯34度30分~36度、東経124度~125度42分の範囲とみられ、韓国が海上の軍事境界線と定める北方限界線(NLL)や砲撃された延坪島からは160~200キロ南方。初日の28日には米韓両軍の艦艇が特定海域で合流し、演習上の作戦海域まで空母を護送するオペレーションが実施されたもようだ。
 演習は北朝鮮による侵攻を想定し、米韓連携しての海上戦遂行能力と対空防衛力の確認を中心に進められるが、米韓軍事筋によると、特に重点が置かれるのは対潜水艦作戦だという。
 黄海は水深が浅く、海底地形が複雑に入り組んだ海域が多い。このため、潜水艦の動静を捕捉することが困難だとされる。韓国軍は3月の哨戒艦撃沈事件以降、黄海での潜水艦捕捉能力の向上に力を入れており、演習では米韓連携の上で対潜哨戒力を確認する。
 対空防衛では、今回の延坪島砲撃時にも出撃したとされる北朝鮮のミグ戦闘機の飛来を想定、イージス艦で早期捕捉し、艦載機と対空火力で迎撃するシナリオのもと、演習が行われる。
 聯合ニュースによると、米軍から参加しているとみられるのは、イージスミサイル巡洋艦「カウペンス」、駆逐艦「シャイロ」、同「ステザム」の主力艦や、最新鋭ステルス戦闘機F22Aラプターなど。韓国側からもイージス艦「世宗大王」が加わる。
 また、米軍は高機能偵察機「ジョイントスターズ」も投入。期間中に予想される北朝鮮による海岸砲や多連装ロケット砲などの発射動向を完全に捕捉する態勢を取っている。
♪ランキングに参加中です。応援していただけると励みになります♪
banner_21 ブログランキング・にほんブログ村へ 【トレミー】人気ブログランキング blogram投票ボタン
mixiチェック