ブログネタ
.気になったニュース34 に参加中!
先日、群馬で起きた小6女児のいじめ問題。あまりに悲しくて、痛ましい事件だったので、手を付けず、他のニュースを取り上げてた私ですが、ようやく真相が明らかになったようです。『同級生が明子さんを無視したり、給食時に明子さんを避けて座るなどのいじめがあった』。私の時代の感覚だと、「ケンカ売ってんの!?」という感じですが、何故、無視したり避けられるようになったのか、発端となるような原因は何かあったのか・・・。

このいじめの発端は、なんなのか存じませんが、いじめにあった彼女も苦しかったと思うし、つらかったと思う・・・。今回彼女が受けた言葉の暴力や無視したり避けて座るような行動によるいじめ。私も、一度はいじめを受けてきましたが、このようにあまり酷いものではなかったです。今回このニュースを見て、私もいじめのことを少し思い出してしまいました。いつの時代になっても、いじめというものはなくなりませんね。このニュースの関連記事を読んでいたら悲しくなるばかり。 もし、いじめをなくす事が出来るなら何か手助けしたいものです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101102-00000006-mai-soci
<群馬・小6自殺>担任「いじめあった」…学校側と食い違い
毎日新聞 11月2日(火)2時32分配信
 群馬県桐生市立新里東小6年、上村明子さん(12)が自殺し、遺族が「いじめが原因」と訴えている問題で、担任教諭が県警の聴取に対し「明子さんへのいじめがあった」と認めていることが1日、捜査関係者などへの取材でわかった。学校側はこれまで「いじめという認識はなかった」と説明しており、学校と担任の認識が食い違っている。
 明子さんは10月23日、自宅で自殺した。遺書は見つかっていない。捜査関係者と学校関係者によると、担任への聴取は明子さんの学校での生活や、自殺までの経緯について説明を求めるために行われた。担任はこの中で、同級生が明子さんを無視したり、給食時に明子さんを避けて座るなどのいじめがあったと説明したという。
 同小の岸洋一校長は会見で、「5年生の時に母親から『いじめられた』という訴えがあったことは確認できたが、明子さんの勘違いだった。明子さんからいじめに関する特別な相談はなかった」と説明していた。【喜屋武真之介、塚本英夫】
♪ランキングに参加中です。応援していただけると励みになります♪
banner_21 ブログランキング・にほんブログ村へ 【トレミー】人気ブログランキング blogram投票ボタン
mixiチェック