ブログネタ
.気になったニュース34 に参加中!
こんばんは。日々色んなニュースが流れてますが、先日南米チリ北部の鉱山で起きた落盤事故のことがしばらくほったらかしになってしまいましたが、悪しからず(^^;ゞ知らぬ間にあの落盤事故から2ヶ月が経過し、落盤事故によって閉じ込められた作業員救助作業が開始されたそうです。今も救出用カプセルで続々と救出作業が続いているそうです。先ほど、帰宅しTVのニュースをみていた最中に、TVで報道されていました。

既に、何人かの作業員の方が約70日ぶりに無事に地上に戻り、地上の空気を吸ったそうです。この落盤事故で地下700mに閉じ込められているという事で、当初は生存が確認できただけでも奇跡と言われていましたが、こうして今無事に人命も救助できて、本当によかったです。何よりでした。まずは、約70日間もの長期間に渡って地下700mに閉じ込められた作業員の鉱員の方々とそのご家族にお喜びを申し上げます。いま、今現在、何人の作業員が救出されたのかは不明ですが、とにかく全員が無事に救出される事を祈ります。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101013-00000139-san-int

チリ落盤 救出劇、歓喜の幕開け 地中から姿、家族ら抱擁
産経新聞 10月13日(水)15時45分配信
拡大写真
 【サンホセ鉱山(チリ北部)=松尾理也】ミサイルを思わせる救出用カプセル「フェニックス(不死鳥)」が地中から姿を現した瞬間、歓声があふれた。12日夜(日本時間13日)からスタートした2カ月余りにわたる地下生活からの生還。「奇跡の救出」劇は歓喜の声とともに始まった。
【写真で見る】 生還に笑顔、笑顔…米CNNも長時間の救出劇

 救出用の縦穴の上で、カプセルを引き上げるウインチが静かに回り、地下に閉じ込められた33人のうち、最初の救出者となったフロレンシオ・アバロスさん(31)が乗り込んだカプセルがせり上がってきた。地上で待つアバロスさんの妻のモニカさんら家族、そしてチリのピニェラ大統領夫妻らが、歓声をあげ、喜びを爆発させた。
 当初、午後8時に開始されるとみられた引き上げ作業は、慎重に行われた安全確認作業でずれ込んだ。夜が深まるとともに、現地の砂漠は氷点下近くまで冷え込む。その中で、縦穴からは白い水蒸気が立ち上り、地下の高温・多湿さを印象づける。昇降テストを経て、緊張した表情の救助隊員がカプセルに乗り込んだ。ゆっくりと沈んでいくカプセルを救出作業にあたっている作業員らはチリ国歌で送り出した。
 地下の状況をうつし出すビデオ映像で、地下スペースの天井からカプセルがせり出してきた。カプセルから救助隊員が出てくると、地下の33人は、整列して出迎えた。上半身裸、パンツ1枚の姿だが、どの顔も笑顔であふれていた。
 1番目の救出対象に選ばれたアバロスさんは、やや硬い表情だ。地下生活中、ビデオの撮影係で、人望も厚い。1番目の引き上げは、精神的に最も負担がかかるとされているが、アバロスさんは迷いをみせず、てきぱきと緑色の特製防護服を着込んだ。
 地上では、大統領夫妻とともに、妻のモニカさんら家族が待ち受けた。カプセルが地上に姿を現した瞬間、モニカさんらはこらえきれずに泣き出した。カプセルから出たアバロスさんとモニカさんは固く抱き合った。アバロスさんの救出が終わると、カプセルは再び、地下へ。救出作業はさらに続いた。
♪ランキングに参加中です。応援していただけると励みになります♪
banner_21 ブログランキング・にほんブログ村へ 【トレミー】人気ブログランキング blogram投票ボタン
Clip to Evernote mixiチェック