ブログネタ
わかる・楽しむ。裏・謎・ネタ に参加中!
当ブログにご訪問の皆様、こんばんは!!先日まで、猛暑日が続いていましたが、いくらか暑さも和らぎ、今日はいくらか爽やかな風が吹いてて気持ちいい日でした。早いもので、7月もあっという間に下旬となり、ayuちゃんのツアーもあっという間に終わってしまいましたね。今年のツアーのファイナルに参戦されたTA&ayuファンの皆様、どう過ごされましたでしょうか。

ライブが始まる前に親しい仲間&気の合う仲間達と話したりする時間、ライブが始まってからayuちゃんを応援する時間っていうは、ホントに時間が経つのが早かったと思います。私はファイナルには参戦してないですが、今年のツアーに参戦した時に感じた事を率直にいえば、こういう楽しい時間は、幸せでしたよ。

まぁ、今年のツアーはこれで終わりじゃなく、10月の~7days Special~が開催されるので、三作連続リリースされる新作の第2弾、第3弾が連続リリースされるので、その待ってる時間もある意味とても楽しみというか。8月、9月を飛び越して早く10月の~7days Special~に早く行きたいな~という気持ちもあったりします(笑)

さて、ところかわって、何気なくYahooニュースを読んでいたら注目の話題を見つけたので、ちょっと読んでみることに。実は少々興味をそそる話題だったりします(笑)ジブリの新作映画が、大ヒットを飛ばしているようで、映画の舞台となった青森の「盛美園」がすんごく賑わっているようですよ~。(笑)

それにしても、観光客の方々は新作映画の舞台となった場所が「盛美園」って、よく分かったなぁ。と感心します。(笑)写真をみた限りでは西洋と東洋を合わせたようなイメージがするけど、とても綺麗な建物ですね。こういったニュースが流れると、一度行ってみたいな~と思っちゃうんですよね。でも、木更津から青森って、遠いな~(苦笑)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100727-00000000-jct-ent
ジブリ「アリエッティ効果」 青森「盛美園」に観光客詰めかける
7月27日7時12分配信 J-CASTニュース
 スタジオジブリの最新アニメ映画「借りぐらしのアリエッティ」の舞台になった青森県平川市の国指定名勝「盛美園」が「映画効果」に沸いている。大阪や熊本など全国から観光客が続々と訪れ、1日に100人を超えるからだ。
 2010年7月17日に公開されたスタジオジブリのアニメ映画「借りぐらしのアリエッティ」の観客動員数が同月17~19日の3連休で100万人を超え、興行収入は約13億5000万円と好スタートを切った。7月20日に発表された同月17、18日の映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)でも初登場1位にランクインした。
■3連休に1日150~190人訪れた
 「借りぐらしのアリエッティ」は、イギリスの女流作家メアリー・ノートンさんが書いた「床下の小人たち」が原作で、古い屋敷の床下で暮らしている小人の少女、アリエッティが人間の少年に姿を見られてしまうというストーリーだ。
 映画でアリエッティが住んでいる和洋折衷の屋敷や庭園は、国指定名勝「盛美園」(青森県平川市)をモデルに描かれた。清藤盛美氏が9年の歳月を費やして造営し、明治44年に完成した。庭園は3600坪で、その一角に鹿鳴館時代を彷彿させる和洋折衷様式の「盛美館」がある。「盛美園」のスタッフによると、 08年にスタジオジブリの社員が旅行に訪れ、その後、映画の舞台にしたいと話があった。映画公開後、「アリエッティ」ファンが続々と訪れている。「盛美園」のスタッフは、
  「1日あたり100人近く来ています。3連休には1日150~190人で、これまでにないくらい多かったです」
とうれしい悲鳴を上げる。
 中高年に人気の観光名所だったが、映画公開後は学生や若い観光客が増え、大阪や熊本など遠方から来る人もいる。スタッフは、「夏休みにたくさんの方に来園していただきたい」と期待する。・・・続きはコチラ

♪ランキングに参加中です。応援していただけると励みになります♪
banner_21 ブログランキング・にほんブログ村へ 【トレミー】人気ブログランキング blogram投票ボタン
Clip to Evernote mixiチェック