ブログネタ
日記 に参加中!
こんにちは。今日も木更津は悪天候で少し寒いですね。明後日から6月というのに、今日はストーブを引っ張りだして点けてしまいました(笑)先日の話題なんですが、映画「風の谷のナウシカ」のブルーレイが完成したそうです。以前からら気になっていましたが、公開当時の色を再現したそうなので、一度観てみたい見たいですね。

公開当時より色が良いそうなので、観てみたいところではありますが、ブルーレイって従来のDVDで再生できないから、出費をしてでもプレイヤーを買ってみようかという気持ちも浮き出てきた。と同時に、映画で続編を作ってくれないかな~と思った私でした。(笑)余談ですが、Yahooニュースで写真と一緒に吊るしてあるメーヴェが実物で飛べるんだったら、一度飛んでみたいものです。(笑)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100528-00000003-piaeiga-movi
「公開時よりちょっとだけいい」名作『風の谷のナウシカ』ブルーレイディスクが発売
5月28日22時42分配信 ぴあ映画生活
拡大写真
『風の谷のナウシカ』のブルーレイ発表披露会見の模様
1984年に公開された宮崎駿監督の映画『風の谷のナウシカ』のブルーレイ発表披露会見が27日に都内で行われ、スタジオジブリ代表取締役の鈴木敏夫プロデューサーらが登壇した。
発表披露会見の写真
『風の谷のナウシカ』は宮崎監督が1982年に連載を開始した同名漫画を基にした作品。“火の七日間”と呼ばれる戦争が起こり、地球の大部分を“腐海”と呼ばれる人間にとって有毒なガスを吐き出す森が覆う世界を舞台に、風の谷の族長の娘ナウシカが、人間と蟲、そして自然との共生の道を探し求める物語。
鈴木プロデューサーは、今回のブルーレイ化について「『借りぐらしのアリエッティ』の作業を進める中で、ブルーレイ化がインスピレーション的に浮かんだ」と語り、「公開後にナウシカを観たのは実は今回が初めてなんだけど、1カットごとに担当したアニメーターたちとの思い出があります」と振り返った。
26年前の公開時、宮崎監督から「(本作の)ネガはもう捨てよう」と言われたことがあったそうだが、鈴木プロデューサーはなんとか説得し、ネガフィルムの保存に努めた。その結果、今回のブルーレイは「フィルムの劣化を修復し、公開時そのままのナウシカに」とのコンセプトで、膨大な時間をかけデータ化作業が行われた。技術面で大きなサポートを果たしたパナソニックハリウッド研究所の柏木吉一郎氏は「とにかくナウシカがかわいくて。鼻血が出そうになりながらの作業でした」と笑顔を見せ、緻密な作業の中でも作品の力に大いに助けられたと述べた。
完成したブルーレイの感想を訊かれた鈴木プロデューサーは「公開時のものより、ちょっとだけいいかな」と謙遜したが、公開から26年の時を経てもなお多くのファンを持つ名作だけに、大きな注目が集まることになりそうだ。
本盤には、本編のほか、本作で原画を手がけた庵野秀明氏と鈴木プロデューサーとの対話を収めた音声特典や、各種映像特典が収録される。
ブルーレイディスク『風の谷のナウシカ』
発売日:7月14日(水)
価格:7140円(税込)
発売元:ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
♪ランキングに参加中です。応援していただけると励みになります♪
banner_21 ブログランキング・にほんブログ村へ 【トレミー】人気ブログランキング blogram投票ボタン
Clip to Evernote mixiチェック