ブログネタ
日記 に参加中!
こんにちはw今日は、雨で少し涼しめの天気ですね。雨でジメジメしてますが、こんなに涼しい天気は随分と久しぶりです。さて、先日5代目のグリムスが79日で大人の樹になり、その後10日間地球上の上に表示されたままでしたが、今日から、新たに6代目の苗が発芽しました。
5代目グリムスグリムス
今回で6代目のグリムスの苗が発芽しましたが、どんな樹に育つんでしょうね?また頑張って、日々ブログ記事を更新していかないとねw毎日ブログ更新してるけど、6代目の樹もまた頑張って育てていこう♪☆(*^o^)乂(^-^*)☆

さて、話は変わりますが、普天間問題が難航してますね。基地機能や訓練を鹿児島県の徳之島などに分散移転とかいう意見も出てたけど、徳之島の住民が猛反発して、今度は辺野古周辺を埋め立てて代替え滑走路を作るとか。でも、今まで十数年だっけ?、普天間基地は塩漬けだったわけで、政権が変わってから、急に動いて完全に余儀なく解決なんて難しくてアメリカだって思ってない訳だよね。
で、普天間一つで日米関係云々って騒いでるけど、普天間以外にも米軍基地は沢山あるし、そもそも十数年塩漬けだった普天間を急にどこに移設するか辺野古周辺に移設で、名護市長は猛反発。難しい問題だけど、どこがが受け入れなきゃ無理。どこか、受け入れてくれる場所ってないんでしょうかね。。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100523-00000018-jij-pol
普天間、辺野古移設を初表明=首相、県外守れず陳謝―名護市長反発
5月23日10時53分配信 時事通信
 鳩山由紀夫首相は23日、沖縄県を訪問し、米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)移設問題をめぐって仲井真弘多知事、稲嶺進名護市長ら関係者と相次いで会談した。首相は名護市辺野古周辺に移設する方針を初めて正式表明。米ヘリ部隊訓練などの基地機能を極力、県外に移す考えも伝え、「県外移設」の約束が果たせなかったことを陳謝した。これに対し、地元や連立与党の社民党は強く反発しており、移設実現は展望が開けない状況だ。
 首相が表明した移設先は、代替滑走路の建設地や工法などの詰めは残るものの、米軍キャンプ・シュワブ沿岸部に移す現行計画に沿った内容。昨年の衆院選での「県外移設」の約束をほごにし、現行計画に戻ったことで、首相の政治責任が厳しく問われそうだ。
 首相は知事との会談で「代替地は県内、辺野古付近にお願いせざるを得ないとの結論に至った。断腸の思いで下した結論だ」と表明。「在日米軍の抑止力を低下させてはならない。県外に移設すると、海兵隊の機能を大幅に損なってしまう」と理解を求めた。
 また、首相は「米軍の訓練をできる限り県外に移し、沖縄の負担軽減と危険性除去の実を上げることが大事だ」とし、27日の全国知事会議で協力要請すると強調。「『できる限り県外』という私自身の言葉を守れなかったこと、県民に混乱を招いたことを心からおわびする」と陳謝した。
 これに対し、仲井真知事は「衆院選以来、『県外・国外』という県民の熱い思いが高まっていて、落差が非常に大きい」と強い不満を表明。「時間をかけて説明と納得のいく解決策を出してもらうしかない」と求めた。稲嶺市長は「辺野古への移設は市民、県民の思いを裏切ることで、極めて残念で怒りを禁じ得ない。(移設の)実現可能性はゼロに近い」と断じた。 
♪ランキングに参加中です。応援していただけると励みになります♪
banner_21 ブログランキング・にほんブログ村へ 【トレミー】人気ブログランキング blogram投票ボタン
mixiチェック