ブログネタ
その日の出来事を自由に書こう! に参加中!
こんばんは!!今日の木更津は、久々に暑い日でしたね。もう暖かいを通り越して、暑く少し汗をかきました。しかしながら、明日はコートが必要なほど寒くなると、いまTVの予報で言っていました。また冬に逆戻りするような日がくるんですねぇ~。地球に文句を言っても天気が変わらないのが少し悔しいといえるでしょうか。(笑)

先日、小指を骨折し約3ヶ月が経過し、昨日ようやく仕事に復帰できました。復帰する前は、生活面で支障が出てしまいましたが、ある程度動かせるようになりました、まくって、りの気配でしたが、どうにか復活できました。ヽ(´ー`)ノさて、今日勤務が終わり、何気なくニュースを読んでいたらこんなニュースに目が止まりましたよw
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100421-00000046-scn-cn
上海万博マスコットにもパクリ疑惑、米国キャラに「生き写し」
4月21日13時20分配信 サーチナ
拡大写真
 上海国際博覧会(上海万博)のマスコットの「海宝」の、“パクリ疑惑”が再燃した。米国で1950年代に発表された「ガンビー(Gumby)」にそっくりという。
 上海万博では、PRソングの冒頭部分などが日本のシンガーソングライター、岡本真夜さんの「そのままの君でいて」に酷似していることから盗作疑惑が出たばかりだった。
 「海宝」は、台湾のデザイナー、巫永堅氏のデザインをベースに、上海で活躍するデザイナーの邵隆氏らが完成させた。中国内外からの約2万6000件の応募から選ばれた。青色がベースで、上海市が臨海都市であることから、海を通じての世界との融合をあらわすという。
 ガンビーは緑色だが、青色に近いグッズもある。胴体と頭部が一体化して肩がない点で、「海宝」は同一のコンセプトだ。足の部分もよく似ている。ただし、ガンビーの方がスリムな体つきだ。
 「海宝」が発表されたのは2007年12月。中国国内では、08年初頭から、ブログなどで類似しているとの指摘があった。2010年4月中旬ごろから、改めて類似を指摘するページが相次いだ。PRソングの「盗作疑惑」が影響したと思われる。
 デザイナーは、子どものころに見たガンビーに無意識に影響されたのだろうと論じるなど、中国のインターネット・ユーザーの間では、デザイナーに対しては「悪意はなかったはず」と擁護する声が目立つ。一方で、国外の有名キャラクターとの類似に気づかなかった選者らのレベルの低さを批判する意見がある。
 写真は北京市内で展示された「海宝」。中国新聞社が09年4月28日付で配信。(編集担当:如月隼人)

ガンビー(Gumby)ってこれです。→クリック
海宝ってこれです。→クリック
上海万博で、PRソングで、岡本真夜さんの「そのままの君でいて」のパクリが発覚し、せっかく落ち着いたと思ったら今度は上海万博マスコットのパクリかい?言葉を変えれば、上海パク博になるんすけど。(笑)でも、今回のパクり疑惑のマスコットの違いってよくわからないなぁ。

「似ている?」と問われれば似てるし、「似てない?」と問われれば似てないような。今回のパクリはよくわかんないな~。これまで、何度もパクっている国だから驚きはしないけど、驚きを通り越して、中国に呆れてしまいますね~。。やはり、パクリはディズニーやayuちゃんのAマークだけじゃないってかってか。さすがなんでもありの中国。

これまで、何度も中国は色々なジャンルでパクって何度も疑惑が起きているのに、相変わらず懲りないなぁ。。。いつになったらパクりをやめ、自分の国(中国)のモラルを用いて、マスコットなどのデザインを考えるんだろうねw中国もこんな恥知らずな事をやめればいいのにね。。。
♪ランキングに参加中です。応援していただけると励みになります♪
banner_21 ブログランキング・にほんブログ村へ 【トレミー】人気ブログランキング blogram投票ボタン
Clip to Evernote mixiチェック